このページの本文へ

GigabyteのベアボーンPC「G-MAX」に新デザインのスリムタワー型「FB」が登場!

2002年10月11日 22時41分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
G-MAX FB2LB G-MAXに見えない?

 GygabyteのベアボーンPC「G-MAX」。これまでミニタワー型の「MA」シリーズ、スリムタワー型の「FA」シリーズという2本立てのラインナップ(このほかフルタワー型の「XA」もあるが国内未登場)だったが、新デザインのスリムタワー型「FB」シリーズが新たに加わることになった。第1弾となったのはマザーボードとFDDのみ組み込み済みというシンプルな構成の「G-MAX FB2LB」だ。



内部 GA-6IGML

 同じスリムタワー型の「FA」シリーズがFlexATXマザーボードを使用していたのに対し、「FB」シリーズはMicroATXを採用したのが特徴。その分サイズは92(W)×428(D)×326(H)mmとひと回り大柄になってしまった(「FA」は89(W)×410(D)×305(H)mm)が、この「FB2LB」ではAGPスロットを持つ同社製i845Gマザーボード「GA-6IGML」を採用するなど、拡張性において大きなアドバンテージを持つことになったのは嬉しいところ。



フロントパネル種類付属

 外観上は、G-MAXシリーズのトレードマークとなっていた青いパネルが水色のクリアパネルに変更されたのが特徴で、このほか“G-MAXらしい”交換用の青いクリアパネルも付属。電源はFSP製で容量は170W、ベイ数は5インチ×1、3.5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×1。3.5インチベイの下には「FA」シリーズと同様3.5インチサイズのオプションベイが設けられており、Gigabyteのウェブサイトを見るとここにカードリーダを装備したモデルも予定されているようだ。入荷したのはコムサテライト2号店、価格は2万8980円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ