このページの本文へ

10月10日オープンのラオックス新店舗「ASOBIT CITY」をフォトレポート!

2002年10月09日 23時33分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 明日の10月10日(木)オープン前日、ラオックスは新店舗「ASOBIT CITY」を報道陣に公開。以前、Akiba2GO!でのインタビューに登場していただいた波木井 薫店長が挨拶し「日本一楽しい店」「もうこんなに時間が経ってしまったのかと思うような店」にすると宣言した。同店長の説明によると対象客称は10~50代までと幅広く、4階の玩具・バラエティー、ホビー関連フロアなどを見ても家族連れを意識した商品構成、設備の配慮が見られる。また、全体の3割を女性客として誘導したいとも話した。各フロアーは1Fから1番街といった具合に「街」の名称がつけられており、店舗1つで巨大なテーマパークのような印象を与えているのも特徴だ。DVD・CDからホビー、アダルト関連まで取り揃えるASOBIT CITYはどんなショップなのかフォトレポートしてみよう。



【1F】テレビゲーム関連商品

入口付近にある液晶ディスプレイやプラズマディスプレイの数は圧巻だ。最新ゲームが試せるほか、ゲームデモにも使われる。また、プレステ2、ニンテンドー、Xboxなどソフトコーナーが色分けされており、目的のソフトが探しやすいように配慮されている。GAME館のXbox専門フロアにあったような5.1chサラウンド体感コーナーも2ブース設置されている。

ゲームフロア入口5.1chサラウンド体感コーナー。GAME館のXboxフロアに設置されていたものと似ている5.1chサラウンド体感コーナーに掲示されている説明
入口近くにあるディスプレイ(液晶・プラズマ)の数に驚かされる。最新ゲームを試すことができるフロア内にも同様の小さなデモコーナーが天井のリングで色分けし、遠くからでも目的のソフトが探せるように配慮

【2F】DVD・CDソフト

洋画・邦画・アニメ・アイドルなど各種CD・DVDを取り揃える。RECOMMENDコーナーではヘッドフォンで試聴可能。この種の視聴コーナーとしては、秋葉原でスペースにゆとりがある方だろう。自販機で買った飲み物を飲めるコーナーも用意されている。

試聴コーナー比較的ゆったりとしたスペースがとられている休憩コーナーも用意

【3F】ゲーム攻略本・ゲーム雑誌

「秋葉原という街は大きな袋やバック、ポスターを持っている人が比較的多い」(店長)とのことで、書籍フロアには喫茶コーナーを設けている。

各種攻略本・ゲーム本を取り揃えるフロアに設置されているCAFE CANADIAN PAO

【4F】玩具・バラエティ雑貨商品

トイラジコン(デジQ・ビットチャージ各種)、トイトレイン、ブロック、チレカ、パーティグッズなどが並ぶフロアは一種違う街に足を踏み入れたような感じ。子供用の化粧品をはじめ、懐かしい駄菓子を売っている「となりのみよちゃん」もある。なお、このフロアに増設されたトイレだが、写真のように女子トイレには小さなパウダールームも設置、便器も子供用の便座が用意されている。家族連れを徹底的に狙ったフロア構成に仕上げられている。

パーティーグッズ各種癒し系グッズトイトレイン
LEGOコーナー駄菓子まで販売されている子供向けのマニキュアなど化粧品も

【5F】ホビー関連商品

このフロアの一番の目玉はエアガンコーナーだ。写真はエスカレーター横に用意されたシューティングレンジ。30分500円、10分延長ごとに100円。鉄道模型の車両セットやキットも売り場面積を割いて充実を図っている。

シューティングレンジ30分500円、10分延長ごとに100円がかかるカウンターの後ろの壁も圧巻
ガラスケースに展示されたモデルガンは見ているだけでも飽きないだろう鉄道模型関係も充実している無数のレールがぶら下がる棚が散見できる

【6F】PCゲーム・PC周辺機器・DTM

ゲームソフトはもちろん、インテルが提供するオンラインゲームスタジアムが特徴。マシンは24台設置されており、各種大会も定期的に開催される予定。ポップによると、10月10日~12日は三国志 Battlefield、13日~14日はWAR CRAFTIIIのゲーム大会が開催されるという。

オンラインゲームスタジアムオンラインゲーム大会を定期的に開催予定

【7F】アダルトゲーム・アダルトDVD・アダルト書籍

エスカレーターを降りると18歳以上かどうかを問う看板が目に飛び込んでくる。サイドの壁面にはアダルトDVDの映像が液晶に流れているのが驚きだ。書籍コーナーも「おそらくこれだけ揃えているところは少ないだろう」というほどの品揃え。

【8F】イベントホール

タレントのトークショー・握手会などが開催されるイベントフロアだ。ホールは250人、150人収容の2ホールが用意されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ