このページの本文へ

レキサー・メディア、特定のカメラでの画像書き込みを高速化する“ライトアクセレーション”搭載CFカードを発売

2002年10月09日 21時42分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レキサー・メディア(株)は9日、特定のカメラでの画像書込みを高速化する“ライトアクセレーション”技術を組み込んだコンパクトフラッシュ(CF)カードを発売すると発表した。同技術を組み込んだ256MB/512MBの24倍速CFカードは10月末日に出荷を開始する。価格はオープン。同社では従来製品と同等の価格で販売されるとしている。

24倍速CFカード
24倍速CFカード(写真は従来製品のもの)

“ライトアクセレーション(WA:Write Acceleration)”は、従来の2倍の速度を持つ単層セル・フラッシュメモリーの採用と、カメラ側での書き込み時のオーバーヘッドの短縮により構成される技術。対応するのは、米イーストマン・コダック社の4×5インチサイズのプロバック、(株)ニコンの一眼レフデジタルカメラ、三洋電機(株)の一般向けの動画対応デジタルカメラなどで、対応していない機種では書き込み速度は従来と変わらない。たとえばニコンのD1Xでは書き込み時間が23%短縮できるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン