このページの本文へ

NTT-ME、無線LANインターネットアクセスサービス“ネオモバイル”が“Wi-Fi ZONE”に対応と発表

2002年10月08日 22時13分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ エムイーは8日、無線LANインターネットアクセスサービス“ネオモバイル(NeoMbile)”において、業界団体の“Wi-Fi Alliance(ワイファイアライアンス)”(旧名称WECA:Wireless Ethernet Compatibility Alliance)が公衆無線LANアクセスの国際標準規定として“Wi-Fi ZONE”を策定したことを受け、同規定に準拠していることを示す“Wi-Fi ZONE”プログラムへ参加すると発表した。同社では、世界で初めてとしている。

これにより同社は“ネオモバイル”を安心して利用できる公衆無線LANサービスとして、認知と利用向上を目指すという。

ロゴマーク
“Wi-Fi ZONE”のロゴマーク

なお、ネオモバイルの現在のアクセスポイント(AP)は、東武鉄道の新越谷駅/浅草駅/池袋駅、相模鉄道の横浜駅/大和駅/緑園都市駅/湘南台駅、am/pmの1番町本社ビル店/デリスタウン東戸塚店、富士ゼロックス直営ショールーム“DOCUMENT HUB Akasaka”、NTT-ME本社(アーバンネット大手町ビル16階)。NTT-ME本社以外はAPが2個ずつ用意されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン