このページの本文へ

ソニー、周辺回路を一体化した3.8インチ“システムオングラス”液晶ディスプレーを開発

2002年10月03日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)は3日、周辺回路をTFTポリシリコン液晶基板内に組み込んだ3.8インチの“システムオングラス”液晶ディスプレーを開発したと発表した。モバイル機器に採用すれば、小型化、高精細化、低消費電力化が可能になるという。

開発したディスプレー開発した“システムオングラス”液晶ディスプレー

これは、液晶駆動用のトランジスター(TFT)とともに、表示に必要な周辺回路などをガラス基板上に直接形成する“システムオングラス”と呼ばれる手法を採用した液晶パネル。同社が開発したディスプレーは、液晶駆動用回路だけでなく、タイミングジェネレーターなど画面表示に必要な周辺回路をすべて同時形成したのが特徴。これにより画像表示データとデータ制御信号、電源を供給するだけで表示が行なえるようになる。集積した周辺回路は、ゲートドライバー/オフセットキャンセルアナログバッファー搭載6bitソースドライバー/6bitRGBパラレルインターフェース/タイミングジェネレーター/リファレンスドライバー/Vcomドライバー/DC-DCコンバーターの7つ。端子数は45ピンで、データ転送は18bitのパラレル。供給電圧は6.5V、±3.3V。

従来製品との比較
システムオングラス液晶ディスプレー(左)と従来の同等品(右)。赤線で囲んだ2ヵ所の周辺回路をガラス基板上に同時形成した

また、エキシマレーザーアニール技術(多結晶化技術)とポリシリコン界面の制御技術を改良し、従来に比べて電子移動度と配線加工精度を2倍にしたことにより、320×480画素(RGBストライプ)で26万2144色の表示が可能になったという。ドットピッチは水平方向が56μm、垂直方向が168μm。消費電力も約10%低減され、平均110mWとなっている。

同社では、(株)豊田自動織機製作所との合弁企業で、低温ポリシリコン液晶ディスプレーを製造しているエスティ・エルシーディ(株)において、第4四半期に量産出荷を開始する予定としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン