このページの本文へ

アダプテック、USB 2.0対応のビデオキャプチャーユニット『VideOh! DVD-USB2.0』を発売

2002年10月02日 15時20分更新

文● 編集部 高橋洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アダプテックジャパン(株)は2日、USB 2.0対応のビデオキャプチャーユニット『VideOh! DVD-USB2.0(AVC-2200)』の出荷を10月中旬に開始すると発表した。価格はオープン。

VideOh! DVD-USB2.0
『VideOh! DVD-USB2.0』

同製品は、アナログ映像をMPEG-2/MPEG-1フォーマットに変換し、DVDやVideoCDに書き込むためのビデオキャプチャーユニット。USB 2.0を採用し、MPEG-2/MPEG-1ハードウェアエンコーダーを搭載する。 同梱のDVDオーサリングソフト『Sonic MyDVD』を利用して、映像の取り込みからDVDなどへの書き込みまで簡単に行なえるほか、ビデオ編集ソフト『ArcSoft ShowBiz』を利用してより詳細な編集も行なえる。

対応機種はWindows 98 SE/Me/2000/XP、Pentium III-600MHz以上を搭載したPC/AT互換機。本体には、USB端子のほか、コンポジットビデオ入力、Sビデオ入力、オーディオ(L/R)の各端子を1個ずつ装備する。本体サイズは幅177×奥行き125×高さ45mm、重さは270g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン