このページの本文へ

IT関連および電子技術・製品の展示会“CEATEC JAPAN 2002”開幕

2002年10月02日 10時31分更新

文● 編集部 佐久間康仁/内田泰仁/栗山博行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自己発光するためバックライトなどの装置が不要で、省電力/高コントラスト/広視野角などをメリットとする有機ELパネルが、いよいよ実用化に向けて動き出した。今回のCEATEC JAPAN 2002ではそんな印象を強くした。

有機ELの分野に特に注力している三洋電機のブースでは、5.5インチサイズの“ワイヤレス有機ELテレビ”を参考出展していた。以前にもコンセプトモデルは出していたが、今回は実際に同社コンパニオンが持ちながらブースの来場者に実際に無線で映像を受信、表示しているところを見せていた。携帯しているほうは、IEEE 802.11bでMPEG-2映像を配信、ショーケースの中に固定したものも無線LANで受信しており、こちらは802.11aでハイビジョン映像を三洋独自のフレーム内圧縮した高画質映像を再生したところだという。いずれの方式を製品化するかはまだ未定とのことだ。

三洋電機のお姉さん2 有機ELワイヤレスTV
三洋電機ブースの有機ELを使ったワイヤレスTV。画面サイズは5.5インチで、MPEG-2映像(720×480ドット)をIEEE802.11bで受信しているこちらはハイビジョン映像(1125i)の映像をIEEE 802.11aで受信して、表示しているところ

有機ELパネルの大型化も進んでいる。三洋ブースでは15インチサイズの据え置き型が展示されていた。15インチでは、まだまだTVとしては小さな画面だが、その発色の良さには来場者の多くが足を止めて注目していた。

15インチ有機EL据え置き型TV
三洋電機ブースの15インチサイズの有機ELパネルを使った据え置き型TV

さらに、三洋ブースでは、有機ELパネルの改良のひとつとして、白色発光する有機ELの前面に光の透過/遮断を行なう“Hole Transport Layer”をはさみ、最前面のRGBフィルターを通過させることでフルカラー表示を1工程で行なう、白色有機EL材料による“フルカラー有機ELディスプレイ”も参考出展された。従来のRGBに自己発光する有機ELパネルでは、フルカラーを表示するのに3工程必要となっていたため、応答性の速さが求められる場合には白色タイプが有利だという。

原理 白色発光有機ELデモ
三洋電機ブースの白色発光タイプの有機ELを使ったフルカラーパネルの原理白色発光有機ELを使ったパネル(パッシブタイプ)のデモ表示。発色は、従来のアクティブタイプとほとんど変わりなく見える

同じく有機ELパネルの実用化を目指して、さまざまな提案を続けるパイオニアは、今回カラー表示の有機ELパネルをフィルム化、折り曲げ(たわみ)可能にして早速ウェアラブルな製品を出展していた。ただし、電源は別供給(足元にケーブルが延びている)で、現時点では従来のモノクロタイプよりも消費電力も大きくなっているという。一方、パイオニアブースの係員(ほぼ全員)が胸元に身に着けているのはモノクロモデルの有機ELパネルで、よく見ると“Welcome to Pioneer”文字が躍っているのが分かる。これは正真正銘のウェアラブルで、電源(9V)もポケットに入れている。ただ、開催時間中は常に点灯させているため、午後3時ごろに話を伺ったときには、有機ELパネルの裏面が少し暖かく熱を持っているとのことだった。このほか、ヘルメットやデイバッグ、靴や手袋など、交通事故防止にも役立ちそうな有機ELパネルの活用例を示すコンセプトモデルが多数展示されていた。

フィルム状カラー有機ELパネル スパイダーマン
パイオニアブースのフィルム状になったカラー有機ELパネルスパイダーマンのコスプレ衣装の胸にプロモーション映像が流れる
パイオニアのお姉さん デイバッグ
パイオニアのお姉さんの胸元に注目!!フィルム状のカラー有機ELパネルの活用例として、デイバッグの背面
靴

Hall 8の左側中ほどにあるティーディーケイ(株)のブースには、有機ELのメリットに加えて、超寿命化や耐振動/耐ショック性、製造工程の単純化が望める“無機EL”の4.25インチパネルが初出展された。2000年2月に提携したカナダiFire Technology社との協力(関連ニュース)で、今回TDKが高輝度フルカラー表示可能なパネルの開発に成功したもの。白色無機ELの前面にRGのフィルターを持つパッシブマトリクス方式(Bは青色無機ELが自己発光する)で、画素数は240×180ドット。表示色は112万色で、消費電力は15Wとなる。主には医療分野や産業機械などで、長時間点けっぱなしで使う場面での利用を想定しているという。なお、iFire TechnologyはTDKとは12インチ以下の無機ELパネルの開発に関して提携し、12インチ超の大型パネルについては三洋電機と提携しているが、三洋電機からは今回無機ELパネルの出展はなかった。

無機ELパネル 詳細スペック
TDKブースの112万色表示が可能な無機ELの4.25インチパネル無機EL液晶パネルの詳細スペック

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン