このページの本文へ

星野金属「MT-PRO2200」のファイナルバージョン“OMEGA”が28日(土)登場、価格は2万5000円から!

2002年09月27日 23時03分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MT-PRO2200 OMEGA ロゴ

 星野金属工業(ソルダム)製アルミケースのラインナップ中、フラッグシップモデルという位置付けの「MT-PRO2200」。このほど約2年にわたった生産の終了が決定するとともに、ファイナルバージョンとして「MT-PRO2200 OMEGA」が28日(土)より発売されることになった。



内部 ベイその1
ベイその2 アルマイト加工
冷却も考えられた豊富なシャドウベイなど構成は変わらず。パネル表面はアルミ地肌の質感を生かしたアルマイト加工

 ケースとしてのスペックそのものはベースモデルである「MT-PRO2200+」と変わっておらず、ベイ数は5インチ×5、3.5インチ×3、3.5インチシャドウベイ×9と豊富。本体色は“ソリッドシルバー”“ソリッドブラック”“ソリッドブルー”“ソリッドレッド”の4色が設定されており、ソルダム(星野金属工業)によれば表面のみはアルマイト加工が施されているという。
 電源は同社“Windy”ブランドの350W/400W/450Wの3種類のほか、電源なしモデルも用意され、バリエーションは全16種類。価格は各色共通で電源なしモデルが2万5000円、350Wモデルが2万9000円、400Wモデルが3万1000円、450Wモデルが3万5000円と「MT-PRO2200+」に対し1万円~2万円程度低価格になっているのは大いに注目だ。全モデル合計で生産数は700~800個程度と少数なのでお求めはお早めに?!



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ