このページの本文へ

うごく写真集“digi-KISHIN”に安達祐実が登場

2002年09月27日 00時39分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)小学館は、写真家の篠山紀信氏こと“digi-KISHIN”が撮り下ろした動画/静止画を組み合わせたグラビア映像によるデジタル写真集DVD『digi-KISHIN DVD』シリーズ第5弾として、『digi-KISHIN DVD 安達祐実』を10月17日に発売する。同社は26日、同タイトルの発売に先立ち、安達祐実さんとdigi-KISHIN氏を招いて完成披露試写会を開催した。

安達祐実とdigi-KISHIN
安達祐実さんとdigi-KISHINこと篠山紀信氏。「自信を持って皆さんに見ていただける作品です。これを見て今の安達祐実を認識してほしい」(祐実さん)

“digi-KISHIN”は、デジタル作品を発表する際の篠山氏のクリエイターネームであるとともに、同氏が撮り下ろしたグラビア映像を配信するブロードバンド向け映像配信サイトのサイト名でもある。ウェブサイト“digi-KISHIN”では、digi-KISHIN氏がデジタルカメラおよびデジタルビデオカメラを用いて有名/無名女優や新人などさまざまな女性の動画/静止画像を撮影し、それらを組み合わせたグラビア映像を“動く写真集”として有料配信する。そしてこれらのグラビア映像をDVD化したのが『digi-KISHIN DVD』シリーズだ。

カバー『digi-KISHIN DVD 安達祐実』のパッケージカバー

試写会に登場したdigi-KISHIN氏は、「『digi-KISHIN DVD 安達祐実』は5作目のDVDタイトルなんですが、最高なんだよね。祐実さんのことはずっと前から狙っていた(笑)。これまでは雑誌の表紙など短時間に撮るものしかなかったが、これがすごくいいんだ。本人から光が出ていて、撮る写真はみんなうまくいく。だからどうしても撮りたくて、ウチに来てもらって“digi-KISHIN”を実際に見てもらい、撮影が始まった」と説明。また安達祐実さんは、「今まで見たことのない作品で衝撃を受けましたし、やるチャンスをいただいてうれしかった」とコメント。

「安達祐実さんというと、『家なき子』や『ガラスの仮面』のイメージが浸透しているが、今21歳で本当に立派に成人している。彼女は女であったり少女であったり、天使のようであり小悪魔のようであり、といった2つの世界を併せ持っており、それを撮ろうと思った。祐実さんの中に潜む本質が出ていると思う」(digi-KISHIN氏)、「皆さんのあまり知らない安達祐実が出ている。私というものを突き詰めていくとこうなるのかな、という感じです」(安達祐実さん)。

写真『digi-KISHIN DVD 安達祐実』より (C)Kishin Shinoyama

『digi-KISHIN DVD 安達祐実』(本編45分)は10月17日発売で、価格は3400円。また、同タイトルに収録されている9シーンの中から、4シーンをセレクトし新音響を加えた映像を、ウェブサイト“digi-KISHIN”で10月25日に配信を開始するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン