このページの本文へ

ベンクジャパン、USB 2.0対応の40倍速書き込みCD-R/RWドライブ『CRW4012EU』を発売

2002年09月19日 20時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ベンクジャパン(株)は17日、USB 2.0インターフェースを搭載し、CD-R書き込みが最大40倍速、CD-RW書き換えが12倍速、CD-ROM読み出しが48倍速の外付け型CD-R/RWドライブ『CRW4012EU』を発表した。価格はオープン。

『CRW4012EU』
『CRW4012EU』

『CRW4012EU』は、USB 2.0/1.1インターフェースを装備し、CD-R書き込みが最大40倍速、CD-RW書き換えが最大12倍速、CD-ROM読み出しが48倍速(USB 1.1接続時はすべて最大8倍速)。バッファーアンダーランエラー防止機能“SeanlessLink III”を搭載する。筐体のカラーは“ブルーグレー”で、サイズは幅154×奥行き204×高さ49mm、重量は約1.188kg。縦置き/横置きが可能。電源は12Vで専用ACアダプターを利用する。対応機種はPC/AT互換機とPC98-NX。対応OSはWindows 98 SE/2000/Me/XP。パッケージにはプロジーグループ(株)のライティングソフト『nero5.5』(日本語版、Windows 98/2000/Me対応)とパケットライトソフト『InCD』(英語版、Windows 98/Me対応)、CD-RメディアとCD-RWメディア各1枚、USB 2.0専用ケーブルなどが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン