このページの本文へ

OSIプラス、VoIP対応ブロードバンドルーター2モデルを発売

2002年09月18日 15時46分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

KDDI(株)の子会社である(株)オーエスアイ・プラスは18日、VoIP製品群“ViBroGATE(ヴィブロゲート)シリーズ”として、IP電話機能を搭載しADSL回線に対応したブロードバンドルーター『DT-1001S』『DT-1001H』の受注を24日に開始すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は2万5000円。出荷開始は10月10日の予定。

『DT-1001S』はSIPプロトコル対応モデルで、『DT-1001H』はH.323プロトコル対応モデル。両モデルともに、なりすまし防止機能として(株)KDDI研究所が開発した“VoIP認証機能”を採用する。音声符号化方式“G.711 PLC(Packet Loss Concealment)”に対応することで、広帯域を利用した高音質を実現したという。

回線自動選択機能や電話番号加工機能を搭載するほか、アナログ回線接続ポートを装備し、PB回線/DP回線に対応する。PCポートに接続したパソコンから最大10件の着信履歴が参照可能で、いたずら電話着信拒否機能も搭載する。ブロードバンドルーター機能として、PPPoEプロトコルやDHCPサーバー機能、NAT機能に対応する。本体サイズは幅約172×奥行き約158×高さ約38mm、重量は約410gで、縦置き/横置きが可能。消費電力は8W以下。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン