このページの本文へ

キヤノン、A4対応カラー/モノクロレーザープリンター『LBP-2510』などを発売

2002年09月17日 14時30分更新

文● 編集部 栗山博行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キヤノン(株)とキヤノン販売(株)は17日、レーザープリンター“レーザショットシリーズ”のラインナップにA4対応のカラー/モノクロレーザープリンター『LBP-2510』を追加するとともに、レーザショットシリーズ向けのオプションとして、スキャナーユニット『SCAN-100』を投入すると発表した。発売日はLBP-2510が同日17日、SCAN-100が10月初旬。

『キヤノン レーザショット LBP-2510』

LBP-2510は、4連垂直インラインエンジンを搭載し、印字速度はカラー/モノクロいずれも毎分17枚(A4)。両面印刷にも対応する。ランニングコストは、カラー11.82円、モノクロ2.44円。トナーカートリッジをトナー/ドラム一体型とすることで消耗品の点数を4点まで削減したほか、開閉部を本体前面のみとすることでメンテナンス性、省スペース性を向上させたことなどが特徴だという。

インターフェースはUSB1.1、IEEE1284準拠双方向パラレル。解像度は9600dpi相当×600dpi、CPUはPowerPC 603ei-300MHz、メモリーは64MB(最大512MB)、内蔵PDLはLIPS IVs。内蔵プリンターフォントは和文2書体、欧文4書体。本体サイズ/重量は、幅480×奥行き510×高さ580mm/35kg。消費電力は289W(待機時32W)。価格は25万8000円。

スキャナーオプション『SCAN-100』

SCAN-100は、A4サイズ読み取りに対応したフラットベッド型のスキャナーユニット。スキャンしたドキュメントを、PDF/JPEG/TIFF形式に変換して電子メールとして配布する“Scan to E-mail”機能と、スキャンデータをパラレル接続したレーザショットプリンターに送りコピー機として利用できる“Scan to Print”機能を搭載する。登録可能なメールアドレスは2000件、1グループ99件までのグループ化と複数グループへの送信も可能となっている。対応機種は、LBP-2810/2710/2510/1910。

センサーにはカラーCCDを搭載し、最大光学解像度は600×600dpi。RGB各色を12bitで読み取り、8bitで出力する。読み取り可能な領域は216×297mm。スキャン速度は、Ethernet接続のScan to E-mail機能使用時に毎分8枚(A4、カラー150dpi、フィーダー使用)。インターフェースは10/100BASE-TX、IEEE1284準拠パラレル。本体サイズ/重量は、幅444×奥行き382×高さ275mm/6.3kg。消費電力は動作時22W、節電時11.5W。価格は19万8000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン