このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

マイクロソフト、家庭向けソフトと青いマウスを発表

2002年09月09日 20時12分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は9日、家庭向けソフトおよびハードの新製品を一斉に発表した。今回発表されたのは、はがき作成ソフト『Microsoft はがきスタジオ』、デジタルイメージングソフト『Microsoft Picture It!』、家庭向け統合ソフト『Microsoft Works』、資産管理ソフト『Microsoft Money』の最新版と、マウスの新製品。

はがスタパッケージ
右から、はがきスタジオ 2003 通常版/CD-ROM版、ファミリーパック、デラックスのパッケージ

はがき作成ソフトの最新版『Microsoft はがきスタジオ Version 2003』は、起動した際、最初に表示される“はがきスタジオ ナビ”に、季節に合ったはがきテンプレートを選べる“おすすめショートカット”を追加した。おすすめショートカットの内容は季節ごとに変わり、例えば9月なら“年賀状”や“遠足”といったものになる。

はがスタナビ
“はがきスタジオ ナビ”の画面

おすすめショートカットの中から任意のもの(例えば年賀状)を選択すると、年賀状用テンプレートのデザイン選択画面となり、デザイン一覧から好きなテンプレートを選択できる。年賀状テンプレートのデザインは、ユーザーの要望を反映し、デジタルカメラなどで撮影した写真を活用できるようなものを多数用意したという。さらに、写真横に動物等のキャラクターイラストを配置したテンプレートも収録されている。デザインを選ぶと、写真ファイルの選択画面となり、任意のファイルを選択するとテンプレートに写真を取り込める。以上の4ステップで写真入り年賀状のデザインを作成できる。なお、写真を入れない場合は3ステップで完了する。

また、各テンプレートのイラストを変更する際、元のテンプレートデザインのテイストを崩さないようなイラストに変換できる“イラスト変換機能候補”を搭載、かな漢字変換で変換候補を選択するように、イラスト候補一覧から任意のイラストに変換することが可能。

イラスト変換
“イラスト変換機能候補”。かな漢字変換で変換候補を選択するように、イラストを変更することが可能

住所録は、Microsoft Excelで作成したものを直接読み込めるほか、他社はがき作成ソフトの住所録(CSV形式)も項目設定なしで取り込める。Microsoft OutlookやOutlook Expressの連絡先に直接アクセスして利用することも可能。

印刷時のトラブルを防止する機能として、住所入力し忘れ等の失敗を防ぐための印刷エラーチェック機能のほか、キヤノン製プリンターのふちなし印刷にも対応している。ふちなし印刷は、元の文面に対し拡大印刷を行なうため、デザイン面をふちなし印刷(拡大印刷)した後に宛名面を印刷する場合、プリンタードライバーのふちなし印刷設定をオフにしなければ郵便番号枠への印刷がうまくできないが、はがきスタジオ 2003では、このプリンタードライバーの設定を自動的に調整できるようになっている(キヤノン製ふちなし印刷対応プリンターのみ対応)。

そのほか、はがきスタジオ ナビ画面から、インターネット経由で専用ウェブサイトにアクセスし、その季節に合った素材をダウンロードできるようになっている。

はがきスタジオ 2003の製品ラインナップは、『Microsoft はがきスタジオ Version 2003』通常版/CD-ROM版、『Microsoft はがきスタジオ Version 2003』通常版/DVD-ROM版、『Microsoft はがきスタジオ Version 2003 乗り換えアップグレード』CD-ROM版、『Microsoft はがきスタジオ Version 2003 デラックス』CD-ROM版、『Microsoft はがきスタジオ Version 2003 ファミリーパッケージ』CD-ROM版の5製品が用意される。

DVD版はがきスタジオ 2003 通常版/DVD-ROM版のパッケージ。CD-ROM版と差別化するため、カラーに黄色を採用
アップグレードはがきスタジオ 2003 乗り換えアップグレードのパッケージ

乗り換えアップグレードは、既存のはがきスタジオユーザーおよび他社製品(筆まめ/筆王/宛名職人/筆ぐるめ)ユーザー向けのアップグレードパッケージ。デラックスは、はがきスタジオ 2003 通常版に、デジタルカメラ画像編集ソフト『Microsoft Picture It! デジカメスタジオ Version 2003』(後述)を同梱したパッケージで、2万本の限定発売。

ファミリーパッケージは、従来の家庭向けソフトウェアパッケージを、今回より“はがきスタジオシリーズ”として展開するもので、はがきスタジオ 2003 通常版、デジカメスタジオ 2003、Microsoft Officeシリーズのテンプレート1600点を収録した『Microsoft Office テンプレート パッケージ Version 2002』、動物園経営シミュレーションゲーム『Microsoft Zoo Tycoon』、マルチメディア百科事典『Microsoft エンカルタ 百科事典 2003 ベーシック』(項目数:4万項目、写真/動画等のマルチメディアデータ数:1万9000点)、携帯電話情報編集ソフト『Microsoft ケータイ編集ツール Version 3.1』を1パッケージにしたもの。

いずれも対応OSはWindows 98/Me/2000/XP。発売日と価格は、通常版(CD-ROM版/DVD-ROM版)が27日発売で4800円、乗り換えアップグレードが27日発売で3800円、デラックスが10月4日発売で6800円、ファミリーパッケージが11月1日発売で1万2000円。

なお同社は、はがきスタジオ 2003をはじめとする家庭向けソフト製品群のイメージキャラクターに女優の竹内結子さんを起用、年末商戦に向け積極的なマーケティング活動を展開するとしている。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン