このページの本文へ

ハイウエスト・ブレインネット、USB2.0スピード表示ソフト付きUSBアダプターとパソコン切り替え器を発売

2002年09月02日 14時52分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ハイウエスト・ブレインネットのパーソル事業部は2日、データ転送速度表示ソフト『USB2.0スピードメーター』が標準で付属するUSB 2.0対応アダプター4機種と、パソコン切り替え器3機種を9月中旬に出荷開始すると発表した。価格はオープン。

USB 2.0対応インターフェースアダプター

USB 2.0/1.1アダプターは、『USB2.0/1.1イーサネット変換アダプタ』(PBU001)、『USB2.0対応CardバスPCカード(2ポート)』(PBU002)、『USB2.0対応PCIバスボード(2ポート)』(PBU003)、『USB2.0対応PCIパスボード(5ポート)』(PBU004)の4機種。

『USB2.0/1.1イーサネット変換アダプタ』
『USB2.0/1.1イーサネット変換アダプタ』

『USB2.0/1.1イーサネット変換アダプタ』は、USB 2.0ポートを10/100BASE-TXポートに変換するためのアダプター。USB 2.0とUSB 1.1に対応し、USB 2.0のデータ転送速度(最大480Mbps)を測定できるソフト『USB2.0スピードメーター』が付属する。オートネゴシエーション/全二重/ホットプラグ/プラグ&プレイをサポートする。電源はUSBから供給を受ける。本体サイズは幅49×奥行き70×高さ25mm、重量は60g。ケーブルは255mm。対応機種はPC/AT互換機、PC98-NX。対応OSはWindows XP/Me/98 SE/2000。編集部による予想販売価格は6000円前後。

『USB2.0対応CardバスPCカード(2ポート)』
『USB2.0対応CardバスPCカード(2ポート)』

『USB2.0対応CardバスPCカード(2ポート)』は、ノートパソコン向けにUSB 2.0(A)×2ポートを装備したCardBus対応のPCカード。USB 2.0の“Hi-Seed USB”ロゴ認証を取得しているという。USB Hubを利用すれば最大127台のUSB機器を接続できる。電源はUSBから供給を受けるほか、消費電力が大きいときに利用するためのACアダプターが付属する。本体サイズは幅53×奥行き114×高さ13mm、重量は40g。対応機種は、PC/AT互換機、PC98-NX。対応OSはWindows XP/Me/98 SE/2000。編集部による予想販売価格は5500円前後。

『USB2.0対応PCIバスボード(2ポート)』
『USB2.0対応PCIバスボード(2ポート)』

『USB2.0対応PCIバスボード(2ポート)』は、デスクトップパソコン向けにUSB 2.0(A)×2ポートを装備するPCIバス用カード。“Hi-Seed USB”ロゴ認証を取得しているという。USB Hubを利用すれば、最大127台のUSB機器に対応する。本体サイズは幅62×奥行き122×高さ18mm、重量は55g。対応機種はPC/AT互換機、PC98-NX。対応OSはWindows XP/Me/98 SE/2000。編集部による予想販売価格は3400円前後。

『USB2.0対応PCIパスボード(5ポート)』
『USB2.0対応PCIパスボード(5ポート)』

『USB2.0対応PCIパスボード(5ポート)』は、USB 2.0(A)ポートを、外部×4、内部×1装備するPCIバス用カード。“Hi-Speed USB”ロゴ認証を取得しているという。本体サイズは幅95×奥行き122×高さ18mm、重量は70g。対応機種はPC/AT互換機、PC98-NX。対応OSは、Windows XP/Me/98 SE/2000。編集部による予想販売価格は4000円前後。

パソコン切り替え器

パソコン切り替え器は、『USB対応CPU自動切替器』(PBK001)、『2台用対応CPU自動切替器』(PBK002)、『4台用対応CPU自動切替器』(PBK003)の3機種。

『USB対応CPU自動切替器』
『USB対応CPU自動切替器』

『USB対応CPU自動切替器』は、本体前面のプッシュボタンで2台のパソコンを切り替えられるほか、一定間隔(3、8、15、30秒)で自動的に切り替えを繰り返すオートスキャン機能を搭載しており、複数のサーバーのコンソールによる監視などに利用できるという。プラグ&プレイに対応。電源はパソコン本体からの供給だけでなく、付属のACアダプターを利用することもできる。本体には、パソコン用として、ミニD-Sub15ピン(ディスプレー)、USB(B)、コンソール用として、ミニD-Sub15ピン(ディスプレー)、USB(A)×3を装備しており、USBコンソールポートを利用して周辺機器を接続することも可能。本体サイズは幅40×奥行き125×高さ75mm、重量は425g。長さ1.2mの接続ケーブルが2本付属する。対応機種はPC/AT互換機、PC98-NX、Power Mac G3/G4、iMacなど(ノートパソコンは非対応)。対応するディスプレーは解像度が1920×1440ドットまで。対応OSはWindows XP/Me/98/98 SE/2000、Mac OS 8.6以降。編集部による予想販売価格は2万円前後。

『2台用対応CPU自動切替器』
『2台用対応CPU自動切替器』

『2台用対応CPU自動切替器』は、本体前面のプッシュボタンあるいはキーボードのホットキーを利用して2台のパソコンを切り替えられるほか、オートスキャン機能に対応。プラグ&プレイに対応する。本体にはパソコン用として、ミニD-Sub15ピン×2(ミニD-Sub15ピンをミニD-sub15ピン/ミニDIN×2に変換する接続ケーブルが2本付属)、コンソール用として、ミニD-Sub15ピン(ディスプレー)、ミニDIN6ピン(マウス/キーボード)を装備する。電源はパソコン本体(PS/2ポート)から供給する。本体サイズは幅70×奥行き155×高さ20mm、300g。対応機種はPC/AT互換機(ノートパソコンを除く)。対応OSは、Windows XP/Me/98/98 SE/95/2000/NT 3.51以上。編集部による予想販売価格は1万3000円前後。

『4台用対応CPU自動切替器』
『4台用対応CPU自動切替器』

『4台用対応CPU自動切替器』は、本体前面のプッシュボタンあるいはキーボードのホットキーで4台までのパソコンを切り替えて使用できるほか、オートスキャン機能にも対応。プラグ&プレイにも対応する。本体にはパソコン用として、ミニD-Sub15ピン×4(接続ケーブルが4本付属)、コンソール用として、ミニD-Sub15ピン(ディスプレー)、ミニDIN6ピン×2(マウス/キーボード)を装備する。接続ケーブルが4本付属する。電源はパソコン本体(PS/2ポート)から供給する。本体サイズは幅85×奥行き180×高さ20mm、重量は425g。対応機種はPC/AT互換機(ノートパソコンを除く)。対応OSは、Windows XP/Me/98/98 SE/95/2000/NT 3.51以上。編集部による予想販売価格は2万6000円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン