このページの本文へ

KIWI、“KIWI internet”でメールウイルスチェックサービスを開始

2002年08月26日 23時57分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)シマンテック、(株)キウイ、(株)ケイコムの3社は26日、KIWIの個人向けインターネット総合サービス“KIWI internet”の全会員を対象にウイルスチェックサービスを開始すると発表した。9月5日にサービスを開始する。これは、KIWI internetの会員の送受信メールを、シマンテックのウイルス対策ソフト『Symantec AntiVirus Scan Engine(シマンテック・アンチウイルス・スキャン・エンジン)』を導入したKCOMのデータセンターを経由させることで、ウイルスチェックサービスを提供するもの。

今後、KIWIは法人向けのホスティングサービスにおいても標準サービスとして提供する方向で調整を行なっているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン