このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

これだけ読めば大丈夫 ~ 今週のニュースランキング(8月25日号)『Linux/Solaris両対応のx86ベースサーバー』

2002年08月25日 23時17分更新

文● 編集部

サン・マイクロシステムズは今週、いくつかの製品発表を行なった(関連リンク参照)が、トップとなったのは『サン、SolarisとLinuxに対応したx86ベースのローコストエントリーサーバーを発表』。このLX50の発表会には大勢の報道陣がつめかけた。LX50がこれほど注目を集めた理由は主に2つある。1つは、おなじみの『Solarisオペレーティング環境』のほかに、同社として初めて『Sun Linux 5.0』というLinuxを搭載したモデルを用意したこと。もう1つは同社の汎用サーバーとして初めてCPUにSPARCプロセッサーでなくPentium IIIを採用しているということだ。少し補足しておくと、同社はSPARCプロセッサーを採用する前の1988年にIntel 386を搭載した『Sun 386i』というワークステーションを発売したことがある。また2000年に買収した米コバルト・ネットワークス社のサーバーアプライアンス製品はLinuxベースのOSとx86系プロセッサー(AMDおよびインテル)を採用している。そのため、“汎用サーバーとして”という条件が付いている。

LX50のインパクトと、サン・マイクロシステムズにとっての意味は、渡邉利和氏が本誌コラムで詳細に渡る分析を行なっているので、ここで詳しくは触れないが(ぜひご一読いただきたい)、UNIXサーバー/ワークステーションの専業メーカーで、特にインターネットシステムのサーバーでは高いシェアを持つサン・マイクロシステムズがLX50を投入することになったのは、企業や官公庁などで“オープンなシステム”への要求が以前にも増して高まっていることを示していると言えるだろう。

関連記事リンク

ASCII24 Business Centerランキング(2002年8月19日~8月23日)

ランク 先週 掲載日 タイトル
1 - 08月19日 サン、SolarisとLinuxに対応したx86ベースのローコストエントリーサーバーを発表
2 - 08月19日 アッカ、新宿ワシントンホテルにVDSLシステムを提供
3 - 08月22日 サン、SSLアクセラレーターを搭載したサーバー『Sun Fire V120』を66万6000円で販売
4 - 08月16日 米AMD、中欧大洪水はドレスデンのFab 30の操業に影響なしと発表
5 - 08月16日 ナスダック・ジャパン、営業活動停止を発表──大証との提携は解消
6 - 08月19日 アライドテレシス、1Uサイズの16ポート100/10BASE-Tスイッチを発売
7 - 08月23日 アイザック、履歴管理機能付きインターネットファイル共有サービスを開始
8 - 08月22日 コレガ、実効スループット89Mbpsのブロードバンドルーター『corega BAR SW-4P HG』の出荷を開始
9 - 08月23日 プラネックスコミュニケーションズ、100Mbps対応のブロードバンドルーター『ZIMA FX2』を発売
10 - 08月22日 NEC、BIGLOBEでSOHO向けインターネットサービスを開始――JCBがカードレス決済機能を提供

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ