このページの本文へ

最低回転数1250rpm!9cm角可変速ファンが発売

2002年08月23日 23時43分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
B07138812SC

 地球儀マークのGlobefanでおなじみのZawardから、温度センサ連動可変速ファン「B07138812SC」が登場した。サイズは9cm角25mm厚で、9cm角の可変速ファンは珍しいといえよう。これまで同社製ファンはトライコーポレーション(Justy)などからも販売されてきたが、今回の製品はZaward日本法人によるもの。



スペック

 温度センサはサーミスタをファン本体から引き出す形式で、測定された温度により回転数が1250rpmから2500rpmの間で可変する。最高でも2500rpmと全体に低速回転にセッティングされており、1250rpmという最低回転数も“超静音”をうたう固定速ファンに迫るもの。軸受けはボールベアリング、騒音値は17.8dB~32.8dBとなっている。昨日より販売を開始したのはCUSTOMで、価格は2180円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ