このページの本文へ

メルコ、無線LANアクセスポイントやADSL用フィルター/スプリッターセットなどを発売

2002年08月22日 21時21分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)メルコは21日、“BUFFALO”ブランドの新製品として、11Mbps無線LAN製品“AirStaiton”のエントリーモデル『WLA-S11GK』、ADSL用フィルター/スプリッターセット『IGM2-FSAC-SP』、PC2700/PC2100対応DDR SDRAMメモリーモジュール、24ポートのスイッチングHub『LSM10/100-24W』、CF/マイクロドライブ対応のPCカードアダプター『RCF-A2』などを発売すると発表した。

『WLA-S11GK』
『WLA-S11GK』

『WLA-S11GK』は、“AirStation”シリーズの標準タイプのエントリーモデル『WLA-S11G』に、壁掛けキットを標準添付したモデル。無線LANはIEEE802.11b準拠で、セキュリティー機能は128bit/40bitWEP、パスワード、MACアドレス登録などに対応。ダイバーシティー方式のアンテナを内蔵する。有線LANインターフェースは、10/100BASE-TX×1。電源はAC100Vで消費電力は6W。ACアダプターが付属する。本体サイズは幅58×奥行き89×高さ120mm、重量は110g。設定ツール『AirNavigator』が付属する。価格は1万5800円で、9月上旬の出荷予定。同社では、“Wi-Fi”認定を取得する予定という(10月上旬)。

『IGM2-FSAC-SP』
『IGM2-FSAC-SP』

『IGM2-FSAC-SP』は、落雷から機器を保護する“雷サージ遮断機能”を搭載したADSL用フィルター/スプリッターセット。ADSL規格は、ITU-T G.dmt/G.lite Annex AとAnnex Cに対応する。通信速度の低下の原因となるAM波ノイズをカットするほか、通話中に流れるADSLノイズを約97%カットするという。ポートはPHONE、LINE、MODEMを1個ずつ用意する。本体サイズは幅58×奥行き29×高さ43mm、重量は36g。価格は2400円で、9月上旬の出荷予定。

『AD333-512MX』
『AD333-512MX』

『AD333』は、新Power Mac G4/Xserve用のPC2700対応DDR SDRAMメモリーモジュールでベースクロック周波数は333MHz、『AD266』はPC2100対応のDDR SDRAMメモリーモジュールでベースクロック周波数は266MHz。内訳は、容量が128MBの『AD333-128MX』が9800円、256MBの『AD333-256MX』が1万4800円、512MBの『AD333-512MX』が3万3000円。128MBの『AD266-128MX』が8000円、256MBの『AD266-256MX』が1万3000円、512MBの『AD266-512MX』が2万9000円。8月下旬の出荷予定。

『LSM10/100-24W』
『LSM10/100-24W』

『LSM10/100-24W』は、“NetSeeker Switch”シリーズの24ポートのスイッチングHub。10/100BASE-TXの全ポートがAuto MDI/MDI-X機能に対応。256グループまでのタグVLANに対応するほか、マルチプルVLANもサポート、SNMP(RMON)にも対応する。ポートトランキング機能も搭載する。拡張スロットは2スロットを装備しており、オプションでGigabit対応も可能。電源はAC100~240V。消費電力は最大32W。本体サイズは幅440×奥行き43×高さ43mm、重量は2.2kg。標準でネットワークツール『NetSeeker2 Ver2.0』が付属する。価格は9万8000円。9月中旬の出荷予定。

『RCF-A2』
『RCF-A2』

『RCF-A2』は、コンパクトフラッシュ/マイクロドライブ対応のPCカード(Type II)アダプター。本体サイズは幅54×奥行き5.0×高さ85.6mm、重量は22g。価格は800円。8月下旬に出荷の予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン