このページの本文へ

SII、英語学習者向けの電子辞書『SR9700/SR960』を発売

2002年08月20日 19時12分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

セイコーインスツルメンツ(株)は20日、電子辞書『IC DICTIONARY SR9700/SR960』を9月上旬より発売すると発表した。価格は『SR9700』が4万円、『SR960』が3万2000円。

『SR960』 『SR9700』
『SR960』『SR9700』

『SR9700』には英語学習者向けに、英Oxford University Pressの『オックスフォード現代英英辞典 第六版』、『The Concise Oxford Thesaurus』(類語辞典)、(株)大修館書店の『ジーニアス英和辞典(第三版)』、『ジーニアス和英辞典』を収録。『SR960』には(株)研究社の『新英和中辞典(第6版)』『新和英中辞典(第4版)』が収録されている。

また、両機種ともに(株)岩波書店の『広辞苑 第五版』『逆引き広辞苑』、(株)DHCの『英会話とっさのひとこと辞典』、(株)学習研究社の『漢字源』『パーソナルカタカナ語辞典』を収録している。

主な検索機能としては、語形が変化した単語の原型を呼び出すことができる“ワード・インフレクター機能”(SR9700のみ)、例文検索機能、1文字ごとの入力順に候補を絞り込み、絞り込んでいく様子を逐次閲覧できる“リアルタイム検索”、同一画面の下半分で、その単語候補で表示が反転している行の訳を表示する“プレビュー機能”、“ワイルドカード検索”、12桁1メモリーの計算機機能が用意されている。

『SR9700』の本体サイズは幅134×奥行き97×高さ21mm(閉じた状態)、重量は約250g。単4型アルカリ乾電池2個を使用し、連続使用時間は約110時間。ディスプレーはFSTN液晶で、画面表示は240×320ドット表示。入力方式はローマ字入力で小型のフルキーボードを採用している。

『SR960』の本体サイズは幅111×奥行き72×高さ14.8mm(閉じた状態)、重量は約117g。単4型アルカリ乾電池1個を使用し、連続使用時間は約70時間。ディスプレーはFSTN液晶で、画面表示は120×240ドット表示。入力方式はローマ字/かな入力で、キーボードはQWERTY配列のラバーキーを採用している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン