このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

リコー、コンパクトボディーの300万画素デジタルカメラを発表

2002年08月20日 15時03分更新

文● 編集部 佐久間康仁

(株)リコーは、小型軽量化を図った300万画素デジタルカメラ『Caplio RR30』を9月20日に発売すると発表した。価格は5万4800円で、編集部による予想実売価格は4万円前後。本体色は“エクセレントシルバー”、“エターナルブラック”、“ドレッシーホワイト”の3タイプが用意される。

『Caplio RR30』
『Caplio RR30』

Caplio RR30は1/2.7インチ有効324万(総334万)画素CCDを内蔵し、横長ボディーの左側に沈胴式光学3倍ズームレンズ(F2.6~4.7、35mmフィルムカメラ換算f=35~105mm)を搭載、最大2048×1536ドットの画像を記録可能。記録媒体は内蔵8MBのフラッシュメモリーもしくはSDメモリーカード/MMCで、本体にはSDメモリーカード/MMCは付属しない。電源は単3電池(アルカリ乾電池もしくはニッケル水素充電池)×2本、または専用リチウムイオン充電池(『DB43』5000円、およびCaprio RR10用バッテリーと同一の『DB40』4500円)が利用可能。

外部AFとTTL AFを併用する“ハイブリッドAF”の採用により、シャッターボタンを押して合焦、記録までの時間が0.22秒程度(同社調べ)と短縮されたのが特徴。ポートレート/風景/夜景などのシーンプログラムを搭載するほか、最短1cmまで近接できるマクロ撮影、インターバル撮影、0.13秒間隔(16枚、約2秒間)で記録した画像を1枚にまとめて記録する連写機能、320×240または160×120ドットMotionJPEG形式の動画撮影機能、などを搭載する。特に連写機能には、通常の連写に加えて、シャッターボタンを押し始めた時点から記録する“S連写”と、シャッターボタンを離した時点から逆算して16枚分を記録する“M連写”の2つのモードを備える。インターフェースは、USBおよびビデオ出力。本体サイズは幅114×奥行き32.5×高さ54.5mm、重量は160g(バッテリー含まず)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン