このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

一風変わったMP3プレーヤ付きのポータブルスピーカがクリエイティブから

2002年08月10日 00時00分更新

文● Jo_kubota

「TravelSound MP3」

 MP3やホームシアタースピーカシステムなどを積極的にリリースするクリエイティブから一風変わった製品が登場した。製品名は「TravelSound MP3」。見た目はどこにでも売っていそうなコンパクトなスピーカだが、この製品はそのサイズに似合わず多機能だ。



「TravelSound MP3」外観背面台座部分にはUSBインターフェイス他、ACアダプタのコネクタ、ヘッドフォン、LINE INを装備
スマートメディアの挿入口左からトラック後戻し、再生/ポーズ、停止、トラック先送りの各ボタン。下の2つの穴のように見えるのはLEDインジケータ

 なんと言ってもメインとなるのはスピーカユニット。MP3プレーヤである前にこの製品はコンパクトなスピーカなのだ。当然ライン入力を備え、ポータブルCDやMDプレーヤと組み合わせて音を楽しむことができる。そのスピーカのドライブユニットはチタン製で最大10mWとなっている。ステレオ対応だが、このサイズのスピーカーだとユニット同士の間隔が狭くステレオ感(広がり感)が薄れてしまう。それを改善するためにワイドステレオエフェクトモードを備えている。
 電源はACアダプタと単4乾電池4本の2Way方式。アルカリ乾電池を使ってスピーカーモードで使用した場合、最長で35時間再生できるという。MP3プレーヤとして使用した場合は最長で12時間となっている。なおACアダプタは付属しているが電池は別売りだ。

 MP3プレーヤの機能だが、対応ビットレートは32~320kbpsとなっており大抵のMP3ファイルは再生可能。メモリには128MBまでのスマートメディアが使用可能なほか本体にも32MBのメモリを搭載している。PCとはUSBにて接続され、ドライバをインストールするとストレージデバイスとして認識、内蔵の32MBとスマートメディアの2つのリムーバブルディスクがマイコンピュータに追加される仕様となっている。



同梱されていた日本語マニュアル

 MP3ファイルはマイコンピュータ上でドラッグ&ドロップしてTravelSound MP3のメモリに転送するだけで済む。プレイヤーとしての機能は再生・一時停止・曲送り・曲戻し、全リピート、全リピートエンドレス、1曲リピートと必要最低限の機能を備える。このほかにマイクを内蔵しており、ボイスレコーダとしても使用することが可能。
 大きさは極小のラジカセといった感じだが、音は並のラジカセよりも良いようだ。店頭にて試聴した限りではかなり音量を上げても比較的音が割れずに再生されていた。
 街中で持ち歩くというより、寝室や旅行カバンに入れて持ち歩くといった感じでモバイル向けではないが、ノートパソコンなどの貧弱なスピーカーを改善したいといった要望は叶えてくれそうだ。もちろんヘッドホン端子も備えているので持ち歩いて音楽を聴くこともできる。

 価格は高速電脳にて15800円。MP3プレイヤーとスピーカー、ボイスレコーダー、スマートメディアリーダーと4つの機能があることを考えれば決して高くはないだろう。気になった人は店頭で音をチェックしてみよう。



【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ

デル株式会社