このページの本文へ

IDGジャパン、Linux Conference 2002への業務協力を発表 -LinuxWorld Conference & Demoは今年は休止

2002年08月08日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アイ・ディー・ジー・ジャパン(以下、IDGジャパン)は、これまで毎年IDGジャパンが秋に開催してきたLinuxWorld Conference & Demoを今年は休止し、日本Linux協会が主催するLinux Conference 2002の運営事務局として業務協力を行なうと発表した。

Linux Conference 2002は、「オープンソースソフトウェアの未来がここにある」をテーマに、Linuxやオープンソースに関わる研究者、技術者、企業などが参加して行なわれる。概要は以下のとおり。

  • 日程……9月18日~20日
  • 会場……大手町サンケイホール
  • 主催……日本Linux協会
  • 参加費用(一般予約価格)……カンファレンス7000円、チュートリアル(1セッション)6000円、BOF(当日参加のみ)1000円、懇親会5000円、ワークショップは無料

なお、IDGジャパンが主催するLinuxWorld Expo/Tokyoは、2003年5月に開催される予定だ。

カテゴリートップへ

ピックアップ