このページの本文へ

マイクロソフト、『Mobile Information Server 2002 ActiveSync Edition』を発売

2002年08月06日 15時53分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は6日、携帯情報端末(PDA)用オペレーティングシステム『Microsoft Pocket PC 2002 Software』(Pocket PC 2002)と、メッセージング&コラボレーションサーバー『Microsoft Exchange 2000 Server』とのダイレクトな情報同期を可能にするサーバー『Microsoft Mobile Information Server 2002 ActiveSync Edition』を23日に発売すると発表した。価格は、同社製品取り扱い店への問い合わせとなる(同社の推定小売価格はクライアントアクセスライセンス(CAL)が3800円)。対応OSは、Windows 2000 Server(SP2以上)。

『Microsoft Mobile Information Server 2002 ActiveSync Edition』は、LAN、無線LAN、ダイヤルアップ接続、インターネット接続などの接続方法で、Pocket PC 2002から直接Exchange 2000 Serverにアクセスし、メール、予定表、連絡先といった情報の同期を可能とするサーバー。同期する予定表の期間や、メールの添付ファイルの最大サイズの設定など、必要な情報をより早く入手するための同期オプションが用意されているという。ネットワークの帯域幅に応じて、必要と判断される情報だけを取得することも可能となる。セキュリティーにはSSLと、Active Directoryを利用した認証プロセスを採用する。Windows 2000 Serverのパフォーマンスモニターを利用し、システムの利用状況や負荷レベルを把握できるほか、Active Directoryへのリクエスト数や接続中のユーザーを把握するためのカウンターも提供している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン