このページの本文へ

吉田産業、フィッシュ・アイコンバージョンレンズ『DCR-FE180PRO』を発売

2002年08月01日 22時48分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

吉田産業(株)は1日、“レイノックス(raynox)”ブランドからデジタルビデオカメラ/デジタルカメラ用の“フィッシュ・アイコンバージョンレンズ(魚眼レンズ)として『DCR-FE180PRO』を9月10日に発売すると発表した。価格は4万8000円。

『DCR-FE180PRO』
『DCR-FE180PRO』

『DCR-FE180PRO』は、対角180度の画角を得られる魚眼レンズで、4倍以下のズームレンズ搭載デジタルカメラでは、ズーム全域で“ケられ”(四隅などが暗くなる現象)なしで利用できるという。レンズ構成は4群5枚で、コーティング処理を施した新開発のHi-Idex光学ガラスを採用。倍率は0.24倍(水平方向)。中心解像力は480本/mm(設計値)。取り付けネジ径は62mmで、オリンパス光学工業(株)の500万画素デジタルカメラ『CAMEDIA E-20』や『CAMEDIA E-10』にはアダプターなしで装着可能。アダプターリングとして、58mm径用の『RA6258』と52mm径用の『RA6252』が付属しており、各社のデジタルカメラやビデオカメラで利用できる。本体サイズは直径90×長さ69mm、重量は685g。レンズキャップ、レンズポーチも付属する。

魚眼レンズなし 魚眼レンズあり
オリンパス光学工業の『CAMEDIA C-720 Ultra Zoom』で撮影した画像。左がコンバージョンレンズなしで撮影したもの(広角側)。右がコンバージョンレンズを装着して撮影したもの

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン