このページの本文へ

コンパック、B5モバイルノート『Evo Notebook N410c』とA4スリムノート『Evo Notebook N610c』を発売

2002年07月29日 19時39分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパックコンピュータ(株)は29日、ビジネス向けノートパソコン“Compaq Evo Notebook(イーヴォ ノートブック)”ファミリーの新製品として、B5モバイルノート『Evo Notebook N410c』を2モデルとA4ハイエンドスリムノートパソコン『Evo Notebook N610c』を2モデル発売すると発表した。価格は、N410cが19万7000円から、N610cが26万9000円で、8月上旬に販売を開始する。

N410c本体
『Evo Notebook N410c』

『Evo Notebook N410c』は、独自のインターフェース“マルチポート”を装備したB5サイズのノートパソコン。マルチポートには、無線LANやBluetoothなどのマルチポートモジュールを装着できる。CPUにモバイルPentium III-M-1GHz、チップセットに830M、グラフィックスチップにカナダのATIテクノロジーズ社の『MOBILITY RADEON M6』(16MB DDR SDRAM)を採用することで基本性能を強化したのが特徴。1024×768ドット(XGA)1677万色表示の12.1インチTFT液晶ディスプレー、30GB HDDを搭載し、インターフェースには、10/100BASE-TX、V.92対応56kbpsモデム、USB 2.0×2、Fast IrDA、シリアル、パラレル、TV出力ほかを装備する。PCカードスロットはType II×1でCardBus対応。キーボードには、ストロークが2.5mmで、キーピッチが19mmのものを採用する。電源はリチウムイオンバッテリーで、約2.5時間の利用が可能。オプションのセカンダリーバッテリーを装着すれば約4.5時間、モバイル拡張ユニットを利用してマルチベイ用バッテリーを2個装着すれば約8.5時間の利用が可能。消費電力は最大約40W。本体サイズは幅275×奥行き226×高さ22mm、重量は約1.6kg。ラインアップは、メモリーが128MB(PC/133対応SDRAM)で、OSがWindows 2000 Professionalの『P1000/12X/128/30/C/W2』(19万7000円)と、メモリーが256MBでOSがWindows XP Professionalの『P1000/12X/256/30/C/XP』(20万7000円)の2モデル。

N610c本体
『Evo Notebook N610c』

『Evo Notebook N610c』は、CPUにモバイルPentium 4-M-1.80GHz、チップセットに845MP、グラフィックスチップに『MOBILITY RADEON 7500』(32MB DDR SDRAM)を搭載したハイエンド向けのA4ノート。メモリーは256MB(PC2100対応DDR SDRAM)で、HDDは30GB、ディスプレーは1024×768ドット1677万色表示の14.1インチTFT液晶、光ドライブは着脱式のDVD-ROMドライブ(最大8倍速、CD-ROMは24倍速)を搭載する。インターフェースには、10/100BASE-TX、USB 2.0×2、Fast IrDA、モデム、シリアル、パラレル、Sビデオ出力、拡張コネクター、マルチポートほかを装備する。PCカードスロットはType III×1またはType II/I×2)でCardBus対応。キーピッチは19mmで、ポインティングデバイスにはタッチパッド+ポイントスティックの“デュアルポイント”を採用する。電源はリチウムイオンバッテリーで、約4時間の利用が可能。消費電力は最大約55W。本体サイズは幅307×奥行き250×高さ31mm、重量は約2.1kg。ラインアップはOSにWindows 2000 Professional(SP2)を搭載した『P1800/14X/256/30/V/C/W2』と、Windows XP Professionalを搭載した『P1800/14X/256/30/V/C/XP』の2モデル。クーリエ(引取り)サービス込みの3年間無償保証が標準で付属する。価格は26万9000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン