このページの本文へ

伸縮自在!PCケースに使える大型“ケージファン”が登場!

2002年07月26日 00時00分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
COOL BAR ファン本体

 今月半ばにセリングから発売された、円筒形の“クロスフロー型ファン”(あるいは“クロスファン”とも呼ばれる)を採用したケージファン、「SMK-001F」。その大型版ともいえる製品が登場した。
 製品名は「COOL BAR」、製造元はローヤル電機というこの業界では聞きなれない名前の企業だが、ウェブサイトを見てみると建築物用の送風ファンや照明器具等を製造している企業のようだ。



装着例

 5インチベイの“口”相当のサイズではあるもののPCケースへの取り付け方法は特に用意されていなかった「SMK-001F」に対し、「COOL BAR」ははっきりとPC用とうたっている。
 片側の端がスプリングにより伸び縮みできるようになっており(具体的な長さは不明)、伸縮式の物干し竿のように、ケース内に突っかい棒をする要領でどこにでも設置できるのが特徴。サイズは「SMK-001F」に対しかなり長く、写真のようにミドルタワーケースに縦に入れるのに丁度いいくらいだ。電源は一般的なケースファンと同じ3ピン12V。



伸縮可能 90度偏向
このように、一方の端がバネで伸び縮みする「SMK-001F」は吸排気が同方向だったがこちらは90度曲がった方向に排気される
パッケージ

 ファンの回転数および騒音値は不明だが、「SMK-001F」より回転は遅く、静音をうたうにもかかわらず騒音はほぼ同じくらいという印象。しかし普通のプロペラ型のファンと異なり幅の広い風を送れるということで、PC冷却関連では面白い存在といえよう。価格は若松通商エルプラザで5800円、若松通商LAN/PLAZAで6980円、BLESS 秋葉原本店で7800円。



冷却性能 …だそうです
パッケージには効能と性能テストの結果を示すグラフが
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ