このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ACDSee 4.0J

ACDSee 4.0J

2002年08月29日 00時00分更新

文● 福住 護

ACDSee 4.0J

ピーアンドエー

6800円

「ACDSee」は、サムネイル表示のスピーディさや使い勝手のよさから、デジカメユーザーの人気を集めてきたメディアビューワだ。「ACDSee 4.0J」はその最新版となる。

画像や動画のほか
圧縮ファイルの展開や作成も可能

ACDSee 4.0J
画面1 「ACDSee 4.0J」のメイン画面。お気に入りフォルダの登録やファイルタイプによるフィルタリングなどで効率的に閲覧できる。アーカイブ内の表示や動画/オーディオのプレビュー再生も可能。

 ACDSee 4.0Jが表示・再生可能なファイルフォーマットは、BMP/JPG/GIF/TIF/PNGといった静止画像から、Adobe AcrobatのPDFファイル、AVIやQuickTime、MPEGなどのムービー、MID/WAV/MP3などのオーディオファイルまで多岐にわたり、ムービーやオーディオは別のソフトやウィンドウを起動しなくてもプレビューエリア上で再生できる(画面1)。LZH、ZIP形式のアーカイブファイルにも対応し、展開不要で内容をサムネイル表示したりビューワウィンドウで表示できる。また、アーカイブファイルの作成コマンドもある。

ACDSee 4.0J
画面2 CD-ROM内の画像をフォトディスクに登録しておくと、ドライブにROMがセットされてなくてもサムネイルを表示。ダブルクリックすればディスクを要求してくる。
 ウィンドウレイアウトはエクスプローラ風のフォルダツリー+ファイルビューの2ペイン構成を基本とし、ファイルビューのほうは表示モードをアイコンや一覧、サムネイル、サムネイル+詳細などに切り替えられる。さらにフォルダツリー(ACDSeeでは「ナビゲーションペイン」と呼ぶ)の下には「プレビューペイン」があり、選択したファイルのプレビューや再生ができる。またナビゲーションペインは単なるフォルダツリーではなく、よく使うフォルダやユーザーが作成したアルバムの一覧に切り替えることができる。特に「フォトディスク」タブでは、CD-ROM内の画像をサムネイル化して保存することで、ドライブにディスクをセットしていない状態でもサムネイルの表示が可能(画面2)。画像をオリジナルCDに整理している人にはうれしい機能だ。ただし、MOその他のリムーバブルメディア(CD-ROM以外)には残念ながら対応していない。
 ファイルビューは通常のビューのほかに、プレビュー表示ができる「表示」タブや「プロパティ」タブに切り替えられる。「表示」タブの役割はプレビューペインとほぼ同じだが、前後のファイルへ移動するボタンや拡大/縮小ボタン、外部のエディタソフトを起動するボタンなどがある。プレビューペインと「表示」タブの違いは文章ではわかりにくいが、排他的に切り替わるので実際の使用ではとまどうことはない。
 また、ファイルビューでは、表示するファイルのタイプを画像ファイル/メディアファイル/アーカイブファイル/フォルダなどでフィルタリングできるほか、ナビゲーションペインの「検索」タブで検索した結果がそのままファイルビューに反映されるなど、ファイルの閲覧・検索性も優れている。



ACDSee 4.0J
画面3 付属のレタッチソフト「FotoCanvas Lite」は本体のツールバーから起動可能、色調やコントラスト補正、赤目の修正などの機能があるがブラシツール類はない。
 閲覧以外の機能はツールバーのボタンに要領よくまとめられている。ツールバーのうちアイコンが丸いものについては、クリックするとすぐ下にさらにボタンが現れる。「取り込み」ボタンならばTWAINやWIAなどのデバイスからの取り込み、「管理」なら名前の一括変更やタイムスタンプの変更、重複するファイルの検索というようにサブコマンドが現れる。上記のほかには、ファイルフォーマットの変換やサイズの変更/回転/露出補正/アーカイブファイルの作成/印刷/コンタクトシートの作成/HTMLアルバムの作成/電子メールへの添付/スライドショウといったボタンがサブコマンドとして用意されている。
 ACDSee本体でも露出補正や回転、サイズ変更などを行えるが、付属のレタッチソフト「FotoCanvas Lite」で赤目補正やノイズ除去、エンボス処理などの加工も可能だ(画面3)。



ACDSee 4.0J PowerPack
写真1 「ACDSee 4.0J PowerPack」のパッケージ写真。
 デザイン的にはやや煩雑な感じがなくもないが、全体的には機能が多い割にうまく整理されているといえる。なお、レタッチソフト「FotoCanvas」やスライドショウ/スクリーンセーバー作成ツール「FotoAngelo」を同梱した「ACDSee 4.0J PowerPack」(1万800円、写真1)も同時発売される。


ACDSee 4.0Jの主なスペック
製品名 ACDSee 4.0J
OS Windows 95/98/Me/NT 4.0+SP6a以上/2000/XP
CPU PentiumII/Celeron(350MHz以上を推奨)
メモリ 32MB以上(OSが正常に動作する容量、64MB以上を推奨)
HDD 30MB以上

競合・関連製品レビュー

対決! Windows XP vs. 画像管理ソフト10本 デジカメWalker
「対決! Windows XP vs. 画像管理ソフト10本」レビューユーリードシステムズ「デジカメWalker」レビュー
ダウンロードNinja for Windows デジカメの達人 Version3
アイフォー「ダウンロードNinja for Windows」レビュー日本アイ・ビー・エム「デジカメの達人 Version3」レビュー
サムズプラス 6.0J ACDSee 3.1J (SR1)
ビレッジセンター「サムズプラス 6.0J」レビューピーアンドエー「ACDSee 3.1J (SR1)」レビュー
美写楽

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン