このページの本文へ

AOpenがまたやった!今度はコインの音が聞こえてきそうな「Yontendo」の周辺機器セット

2002年07月20日 20時02分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Yontendo

 その当たり外れはともかく、インパクトのある製品を突発的に投入したり、強烈な印象の販促キャンペーンを行うことでは並ぶもののないエーオープンジャパンがまたや(ってしま)った。今度は楕円状のマークで囲まれた「Yontendo」ロゴがさんぜんと輝く製品だ。右の写真を見れば、なんのパロディなのかはもはや解説の必要もないだろう。わざわざ“(R)”マークまで付けているあたりは笑うほかない。



4点どう?

 パッケージによると、Yontendoというのは「4点どう?」のことなのだそうだ。パッケージ内容物を確認してみると、112キー日本語キーボードとアンプ内蔵2chスピーカ、スクロールマウスしか入っていないようにも見え、すでにいくつか流通している“3点セット”と同じなのでは? という気もしてくるが、それプラス「AOpenロゴ入りキーボード用パームレスト」で個性を出し、そこで「4点どう?」というわけ。3点セットじゃおもしろくない、というところからYontendoまで行き着いたのだとしたら、そのアイディアはスゴいのひとことだ。むしろパッケージがキューブ型ではないのが惜しいとさえ言えるほど。



3点セット? パームレスト AOpenロゴ入り
一見3点セットに見える4点セット。AOpenロゴ入りパームレストを1点に数えるのはいささか強引かもしれないが、ユニークかつありがたいのは確か
とりあえず、安いっす!

 パロディとしてはかなりギリギリだけに、レアモノ化する可能性もあり、ファンは早めに押さえておいた方がいいかも? ちなみに価格はコムサテライト2号店と3号店で1680円と安価になっており、とりあえず1台組み上げるときのセット品として十分にオススメできるコストパフォーマンスはなかなか魅力的だと言えるだろう。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ