このページの本文へ

これだけ読めば大丈夫 ~ 今週のニュースランキング(7月13日号)『Pentium 4搭載企業用ノートが続々登場』

2002年07月14日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今週のトップは『コンパック、デュアルヒートパイプ搭載の企業向けA4オールインワンノート“Evo Notebook N1000v”を発表』。ここしばらくは、ソリューション/サービス系の話題が上位にランクインしており、ハードウェア製品でもルーターなどのネットワーク関連製品が多く、パソコンがトップになるのは久しぶりのことだ。インテル(株)がCPUラインアップのPentium 4化を急ぐ中で、メーカー各社はPentium 4搭載ノートパソコンを次々に発表している。

6月25日にインテルはモバイルPentium 4-Mの2GHz版を発表し、いよいよノートパソコンのCPUも2GHz時代を迎えた。ただし、デスクトップ向けCPUに比べてモバイルCPUは価格が高いため、製品価格を抑える必要のある企業向けパソコンとしてはモバイルCPUは採用しにくい。トップとなったコンパックのノート『Evo Notebook N1000v』は最新熱設計技術によって、デスクトップ向けのPentium 4-2A/2.20GHzを搭載した。デスクトップ向けPentium 4を採用したことで、他社のモバイルPentium 4-M-1.6GHz搭載企業向けノートパソコン並みの価格(21万9800円)に抑えている。

関連記事リンク

もうひとつ、海外出張の多いビジネスマンに気になるニュースが3位の『JAL、国際線にフラットシートを導入――ブロードバンド対応も』。フラットになるシートやマッサージ機能も嬉しいが、この秋には各シートにパソコン用電源が装備され、さらにブロードバンド対応インターネットサービスの提供も予定しているという。JALはこれまで、ファースト/ビジネスクラス搭乗のノートパソコンユーザー用に外部リチウムバッテリーをサービスしてきたが、電源コンセントの装備で一層利用しやすくなる。ほかの航空会社でもビジネスクラスへの電源装備は一般化しつつあり、さらにエコノミーの一部を“プレミアムエコノミー”として、ノートパソコン用電源などのサービスを開始している。これにインターネットサービスが加われば、フライトの間もビジネスタイムということになる。飛行機に乗っている間くらいはゆっくりしたいという声も聞こえてきそうではあるが……。

ASCII24 Business Centerランキング(2002年7月8日~7月12日)

ランク 先週 掲載日 タイトル
1 - 07月08日 コンパック、デュアルヒートパイプ搭載の企業向けA4オールインワンノート“Evo Notebook N1000v”を発表
2 - 07月08日 全国パソコン教育事業協同組合が総決起集会
3 - 07月08日 JAL、国際線にフラットシートを導入――ブロードバンド対応も
4 1 07月02日 NTT-MEら18社、ISPを選ばない無線LANインターネットアクセス/IP電話サービスを11月開始
5 - 07月05日 日本HP、混在OS環境の統合管理ツール『OpenView Operations for Windows 7.1』を発表
6 - 07月05日 「ブロードバンドはインフラの中のインフラになる」と孫正義氏――“SOFTBANK COMMERCE Convention 2002”で
7 - 07月06日 「Wi-FiロゴはIEEE 802.11すべての技術をカバーするものに」──WECAのイートン会長インタビュー
8 - 07月08日 全国建産連とマイクロソフト、中小建設業のIT化推進で協業
9 - 07月05日 AAi、クレジットカード決済機能を組み込んだショッピングサイト構築ツールの販売を開始
10 - 07月04日 オムロン、ファイヤーウォール搭載のADSLモデム内蔵ルーター『MA800R』を発売

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ