このページの本文へ

Xabreの下位モデル“Xabre 200”“Xabre 80”搭載製品が発売に

2002年07月13日 22時36分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
3D ALLURE

 続々とデビューする“Xabre 400”搭載ビデオカードに続いて、その下位モデルにあたる“Xabre 200”“Xabre 80”搭載ビデオカードも登場してきた。MDT(Max Diligent Technology)という、あまり聞き慣れない台湾企業のXabre 400/200/80カード3製品「3D ALLURE」が店頭に並んでいる。



3D ALLURE X840 3D ALLURE X820
「3D ALLURE X840」「3D ALLURE X820」
3D ALLURE X800 Xabre 200/80仕様
「3D ALLURE X800」同梱マニュアルに記されるXabre 200/80の仕様

 Xabre 200はXabre 400の純然たる下位モデルにあたるもの。AGP 8xの対応と、Pixel Shaderエンジン“Pixelizer”によってDirectX8.xをサポートする“8x8”コンセプトの製品であるのはまったく変わらないまま、動作クロックが引き下げられた製品とされている。SiSが公式な見解を発表していないのであくまで参考程度に留めてほしいが、複数ソースによればコア/メモリクロックは200MHz/200MHz(DDR 400MHz)と、コア/メモリともXabre 400より50MHzずつ低い。
 一方、Xabre 80はXabreシリーズで唯一AGP 8xに対応していない(対応はAGP 4xまで)のが最大の特徴。PixelizerによってDirectX8.xをサポートするのは上位モデルと同様で、コア/メモリクロックは200MHz/166MHz(DDR 333MHz)となっているようだ。



3D ALLURE X840/X820
「3D ALLURE X840」(上)と「X820」(下)。見事にそっくり

 そこで今回登場してきた3D ALLUREを見てみると、Xabre 400モデル「3D ALLURE X840」とXabre 200モデル「3D ALLURE X820」の基板はまったく共通。違いは3D ALLURE X840がSビデオ出力端子を持っているのみで、なんと搭載メモリまで同じになっている。しかもそれは最高277MHz動作をサポートする3.6ns品だ。つまり、3D ALLURE X840はもちろん、3D ALLURE X820でもXabre 400の250MHzを上回るメモリクロック設定が行えることになるわけ。一方Xabre 80モデル「3D ALLURE X800」を見てみると、こちらもメモリクロックとされる166MHzを大きく上回る250MHz設定が可能な4ns品を搭載。たしかにメモリは魅力(ALLURE)的である。



3D ALLURE X840 付属ケーブル 3D ALLURE X820
Sビデオ出力端子を用意する3D ALLURE X8403D ALLURE X840にはS/コンポジットケーブルをそれぞれ同梱。変換アダプタがないため、コンポジットの使い途はない一方、用意しない3D ALLURE X820
HY5DV641622AT-36 3D ALLURE X800 K4D28163HD-TC40
VRAMはともに3.6ns品「3D ALLURE X800」。128Mbitメモリ4枚で64MB VRAMを実現しているそのメモリは4ns品。メモリ接続はX800のみ64bit

 MDTというベンダがどのような品質のカードを製造するのかは分からないが、このどことなくアヤシい感じがSiS製GPU搭載製品らしいところ?! Xabre 200/80カードは最安値が4桁と安価なのも手伝って、コストパフォーマンス最優先の人たちにとっては良い選択肢となるだろう。

Triplex、そしてOEM先の玄人志向からもVRAM 128MB搭載Xabre 400カード登場

Triplex Millennium Silver Xabre Pro 128MB
Triplex製のVRAM 128MBモデル。DVI→D-Sub15ピン変換アダプタは今回も同梱

 なお、12日にJoytech製品が第1弾として登場したVRAM 128MB搭載のXabre 400カード第2弾がTriplexから「Triplex Millennium Silver Xabre Pro 128MB」として発売。あわせて同社OEM先の玄人志向からも「XABRE400EX-AGP128C」が登場している。Triplex純正品パッケージには、最近発売されたBlizzard製リアルタイムストラテジゲーム「Warcraft III: Reign of Chaos」のため最適化の行われたドライバを同梱しているというシールが貼られているのが目を引くが、詳細は不明。玄人志向版で同じドライバを同梱しているかについても現時点ではわからない。



Triplexパッケージ Optimum for Warcraft III 玄人志向パッケージ
Warcraft III用のカスタムドライバを同梱するというTriplex純正パッケージと、特に何もうたってはいない玄人志向のパッケージ
13日現在の価格情報
価格ショップ
MDT「3D ALLURE X840」
\10,980OVERTOP
\13,800ZOA 秋葉原本店
MDT「3D ALLURE X820」
\8,980OVERTOP
\12,810コムサテライト2号店
MDT「3D ALLURE X800」
\7,480OVERTOP
Triplex「Triplex Millennium Silver Xabre Pro 128MB」
\13,980ZOA 秋葉原本店
\14,400コムサテライト2号店
\14,800USER'S SIDE本店
玄人志向「XABRE400EX-AGP128C」
\13,680コムサテライト1号店
\13,980コムサテライト2号店
コムサテライト3号店
\14,400ZOA 秋葉原本店
\14,480クレバリー1号店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ