このページの本文へ

イー・アクセス、東京都の無線LAN実験サービスを開始

2002年07月12日 23時55分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イー・アクセス(株)は12日、東京都がIT政策の一環として8月1日か10月31日までの3ヵ月間にわたって実施する“IEEE802.11b”準拠の無線LANによるインターネット接続実験に、アイ・ティー・テレコム(株)と共同で参加すると発表した。同社は、都庁の第一庁舎3階にある“都民情報ルーム”と“都立中央図書館”に回線を提供し、アイ・ティー・テレコムが、認証用システム/無線アクセスポイントの提供とカスタマーサポートを行なう。

サービスイメージ
無線LAN実験のサービスイメージ

利用するには、事前登録をアイ・ティー・テレコムのホームページで事前登録を行ない、IDとパスワードを取得する。登録料は無料。ただし、パソコンと“Wi-Fi”準拠の無線LANカードはユーザーが用意する必要がある。都立中央図書館では電源の利用も可能。

東京都の実験では、都庁の第一庁舎(1、2階、南展望室、北展望室)、第二庁舎(1、2階)、都民広場地下(旅券の窓口)、東京ビッグサイト、東京国際フォーラム、大江戸線の都庁前駅などでもサービスを提供する。なお、実験参加企業と申し込み先は実験場所ごとに異なる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン