このページの本文へ

松下電器、“Panasonic hi-ho”に“epステーション”専用コースを追加

2002年06月27日 23時20分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)は27日、インターネット総合サービス“Panasonic hi-ho(パナソニック・ハイホー)において、“epサービス”に対応したセットトップボックス『epステーション』からのオンラインサインアップに対応した“ep・hi-hoコース”の提供を7月1日に開始すると発表した。

“epサービス”は、110度CS放送とHDDを内蔵したセットトップボックスを利用してイーピー(株)とイーピー放送(株)が提供する蓄積型双方向サービスで、7月1日にサービスを開始する。

“ep・hi-hoコース”は、月額380円の料金で1時間(電話代込み)の利用が可能。超過したぶんは従量制で1分あたり9円(電話代込み)。アクセスポイントは全国統一専用アセスポイントを利用する。epステーション向けのサービスのため、hi-hoドメインのメールアドレスは利用できないほか、メールウイルスチェックなどのオプションサービス、ネットニュース、FTP、Telnetなどは利用できない。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン