このページの本文へ

三洋電機ソフトウエア、“SANNET”が“Mフレッツ”“フレッツ・スポット”に対応

2002年06月27日 22時56分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

三洋電機ソフトウエア(株)は27日、インターネット総合サービス“SANNET”において、NTT東日本が提供する無線LANを利用したサービス“Mフレッツ”と西日本が提供する“フレッツ・スポット”への対応を開始すると発表した。これにより、NTT東日本/西日本のフレッツ・シリーズ(Bフレッツ/フレッツ・ADSL/フレッツ・ISDN)のユーザーがホットスポットでインターネット接続が行なえるようになる。

利用条件はフレッツ・シリーズを利用し、SANNETの“フルタイムコース”または“ブロードバンドスタンダードコース”を契約していること。提供エリアは、“Mフレッツ”が東京都(町田市と稲城市の一部を除く)と北海道エリア。“フレッツ・スポット”が、大阪市内の梅田/難波エリアを中心とした約30スポットで、年度内に2000スポットまで順次拡大予定。利用料金は、11月30日まで追加料金は不要。ただし、NTT東日本/西日本の初期工事費用と月額利用料、フレッツ・シリーズの月額利用料金は別途必要。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン