このページの本文へ

日本通信、6ヵ月間の常時接続が可能なプリペイド式PHSデータ通信サービスと専用カードをパッケージ販売

2002年06月27日 18時14分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本通信(株)は27日、ディーディーアイポケット(株)の128kbps対応のPHSパケット通信ネットワークを利用し、同社独自の機能により体感速度として100kbpsが可能というプリペイド式のデータ通信サービス“bモバイル・プリペイドサービス”において、6ヵ月間のインターネット常時接続利用料と専用データカードをパッケージにした製品『U100-6M』を7月5日に全国の家電量販店などで発売すると発表した。価格はオープン。編集部の予想価格は5万3000円程度。

同サービスの通信速度の仕様は、下り128kbps/上り68kbps(ベストエフォート)だが、同社独自の付加価値機能として、ウェブブラウジングを約1.5~3倍に増速するというウェブアクセラレーター機能“Michelle/Marion”、メール送受信を増速するメールブースター機能“Venus”、ワンタッチでのインターネット接続やウェブアクセラレーター切替え、通信設定最適化、電波強度測定などが可能なアクセスツール『bアクセス』を提供することで、体感速度100kbpsを可能にしているという。

既に、利用期間が1年のプリペイドパッケージ『U100』を販売しており、更新プランも近日中に発表する予定としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン