このページの本文へ

ヨーロピアンテイスト漂う?! フロントマスクのハンガリー製ケースが発売

2002年06月20日 00時00分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CX-6559

 ちょっと変わったケースの販売がアキバの店頭ではじまった。
 のっぺりとした面にぽこっと一筋盛り上がりをつけ、上から下に整然と並んだ円いモールドがアクセント。ツートーンカラーとあいまって、デザインスケッチからそのまま出てきたようなケース。製品型番は“CX-6559”。製造元はKOLINKという会社で、所在地はなんとハンガリー。もとは台湾系でヨーロッパ方面の事業のために興された企業のようだ。台湾製品が幅を効かすアキバでは非常に珍しい存在といえよう。



CX-6559
下の部分を開けると前面ポートが

 その特徴のフロントマスクは、塗り分けられた一番上の部分がドライブベイをカバーする蓋となっている。円いモールドのうち蓋ににあるものは単なる飾りだが、中央の銀色部分の2つには同じ形状のまま電源とHDDのLEDが仕込まれている。そして一番下だけが出っ張りがなく窪みだけとなっているが、ここを押せば塗り分けた下の部分が開き前面ポートが現われるというわけ。
 デザインをのぞけばごく普通のケースで、材質はスチール。サイズは185(W)×445(D)×412(H)。ドライブベイは5インチ×3、3.5インチ×2、3.5インチシャドウベイ×2。電源容量は400W。



電源とHDDランプ 蓋オープン
LED部分と、蓋を開けたところ。電源ボタンとリセットボタンは蓋の中にあり、しかもあの斜めに切り欠いた円のデザインを踏襲しているあたり芸が細かい
内部
ケース内部。フレームは外周だけで中はスカスカという印象。強度的にはやや不安か

 ただ残念ながら、フレームのエッジにややバリが残っており、強度的にもやや物足りないといったところ。作りの良さということに関しては今一歩という印象だ。シルバー/グレー(CX-6559GY)とシルバー/ブルー(CX-6559BL)の2つのカラーバリエーションがあり、価格はTSUKUMO eX.でともに1万799円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ