このページの本文へ

ECSのSiS648マザーとXabre 400カードが動作デモ開始!AGP 8xの実力は?

2002年06月20日 00時00分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
デモ中

 T-ZONE.AKIBA PLACE店頭で、ECS製の“SiS648/SiS963”マザーボード「L4S8A」と、Xabre 400搭載ビデオカードの動作デモがスタートした。



SiS648
SiS963
SiS648&SiS963

 SiS648/SiS963はSiSの従来製品“SiS645(SiS645DX)/SiS961”の後継にあたるPentium 4用チップセット。世界初のPC2700(DDR333) DDR SDRAM対応チップセットとして登場したSiS645後継のSiS645DXでNorth Bridgeの換装によりFSB 133MHz(Quad Pumped 533MHz)版Pentium 4への対応を果たしたが、今回SiS648の採用によって新たにAGP 8xをサポート。South Bridgeの換装によってUSB2.0コントローラを内蔵し、さらに両者を結ぶMuTIOLバスはこれまでの533MB/秒から1GB/秒へと拡張されている。
 なお、別記事でも紹介しているが、当初発表されていたスペックとは異なり、SiS648のメモリサポートはPC3200(DDR400)ではなく、SiS645やSiS645DXと同じPC2700(DDR333)までとなっている点には注意したい。店頭ポップでも対応メモリはPC2700までとされているように、PC3200のサポートはSiS648後継となるSiS648DXまで待つ必要がある。



L4S8A
SiS648/SiS963マザーボード「L4S8A」

 L4S8AはそんなSiS648/SiS963チップセットを搭載するATXフォームファクタのマザーボードだ。拡張スロットAGP×1、PCI×5、CNR×1、DIMM×3で、オンボードでRealtek製のネットワークコントローラとPromise製のIDE RAIDコントローラを搭載する製品。そこにXabre 400を搭載するビデオカードを搭載し、実際にベンチマークソフト「3DMark2001SE」を走らせている。AGP 2xから4xに仕様が拡張された際に劇的な変化は得られなかったため、今回も過度の期待はしない方がよさそうだが、実際にAGP 8x環境で動作しているのは今回がはじめてであり、気になる人は多いだろう。Xabre 400のパフォーマンスを引き出すかもしれないAGP 8xをチェックしたいなら、T-ZONE.AKIBA PLACEのECSコーナーを要チェック。



デモPC Xabre 400 3DMark2001
店頭デモ機ではSiS純正と思われるXabre 400カードを差してAGP 8x動作中だ

 なおT-ZONE.AKIBA PLACEでは現在、すでに発売済みのものや、これから登場予定の新作マザーボードや、すでに販売されている「DeskNote」とその周辺機器、先日のECSプロダクトプランニングスペシャリスト、アレン・グラハム・フアン氏のインタビューで紹介したLCD PC「Aio」シリーズなど、ECS製品が大々的に展示されている。今後、ECSが何を目指しているかが垣間見える展示となっており、こちらも見逃せないところだ。

DeskNote告知ポスター DeskNote展示中 DeskNote周辺機器
DeskNote告知ポスター国内販売中のDeskNoteも展示中だ“ECS 4本柱”のひとつ、DeskNote用周辺機器も
Aio マザーボード陳列中
「DeskNote II」ことLCD PC「Aio」もちろんマザーボードもこのとおり“P4X333A”搭載マザーボード「L4VXA」など新製品も展示中だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ