このページの本文へ

ジュピターテレコム、有料動画コンテンツの提供を開始――決済は接続サービスと同じ口座で

2002年06月14日 21時48分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ジュピターテレコムは14日、CATVインターネット接続サービス“J-COM Net”のうち、“J-COM@NetHomeサービス”を提供している北海道、関東、九州エリアで有料の動画コンテンツの提供を開始すると発表した。7月1日から、教育、娯楽、生活情報を中心とした34種類の動画コンテンツを提供する。

主なコンテンツは、小中学生向け教育動画コンテンツ“e点@home”(月額2980円)、カラオケコンテンツ“もーしょんパラダイス”(月額1300円)、マジックに関するコンテンツ“Mr.マリック ブロードバンド”(月額1000円)、健康に関するコンテンツ“食べて治す”(月額400円)などで、料金は月額300円から“早稲田講義録”の2万円まで。

同社は、サービス導入にあたり、独自に課金システムを構築。有料コンテンツの課金を、J-COM Netの月額基本料金と合わせて請求し、事前に登録されている銀行口座からの引落しで決済する“ワンストップ・ビリング方式”を採用した。これは国内のCATV業者では初めて。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン