このページの本文へ

星野金属からピンクと青のベアボーンPCが限定モデルで登場!「JAZZ」の後継製品も来週発売?!

2002年06月13日 21時30分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
POLO T2 Limited Edition

 星野金属工業(ソルダム)のキューブ型ベアボーンPC「POLO T2」に、限定生産モデル「POLO T2 Limited Edition」が登場した。



POLO T2 Limited Edition
POLO T2 Limited Edition

 同社製ベアボーンPCの生産2万台突破を記念したもので、本体色は南海の珊瑚礁をイメージしたという青緑色「Aquamarine」、薄いピンクの「Pale Rose」の2種類。いずれも光沢のあるメタリック調で、前面パネルも完全同色とするため、これまで塗装ないしフイルム張りだったクリアパネルの裏に厚さ0.5mmのパネルを入れているという。LEDはどちらのモデルも青。
 その他スペックは「POLO T2」と変わらず、生産数は2色それぞれ300台ずつと少数。価格はZOA 秋葉原本店で3万5800円となっている。



Super JAZZ

 また、同社製「JAZZ」シリーズといえば1999年に初登場した斜め型アルミケース。それから3年を経て、コンパクトなベアボーンPC「M.J」、JAZZのコンセプトを受け継ぎつつ曲線を取り入れたデザインのケース「F.J」などの派生モデルが登場しているが、“直系の後継”をうたうアルミケース「Super JAZZ」が発売されることになった。
 “先代”と違い前面の傾斜が一定でなく、ドライブベイ部分が折れ曲がるようにきつく傾いているのが外観上の特徴。ベイ数は5インチ×2、3.5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×5。電源容量は350W。カラーバリエーションはホワイトパールマイカ、シルバー、ブラックの3色。星野金属工業(ソルダム)によれば発売日は6月21日ごろとのことで、予価はホワイトパールマイカが3万2800円、ブラックとシルバーが2万9800円。



Super JAZZ
3日現在ポップが登場したのみ。星野金属工業(ソルダム)のウェブサイトにはまだ情報はない
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ