このページの本文へ

インテル、IEEE802.11aとIEEE802.11bに対応した無線LANアクセスポイントを発表

2002年06月12日 20時17分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インテル(株)は12日、54Mbpsの無線LAN規格“IEEE802.11a”と11Mbpsの“IEEE802.11b”の両方に対応した無線LANアクセスポイント『インテル PRO/Wireless 5000 LAN デュアル・アクセス・ポイント』を発表した。8月上旬に販売を開始する予定。併せて、『インテル PRO/Wireless 5000 LAN 11b オプション・キット』も販売する。価格は、デュアル・アクセス・ポイントが13万8000円、オプション・キットが4万4800円。

『インテル PRO/Wireless 5000 LAN デュアル・アクセス・ポイント』『インテル PRO/Wireless 5000 LAN デュアル・アクセス・ポイント』

『インテル PRO/Wireless 5000 LAN デュアル・アクセス・ポイント』は、IEEE802.11aとIEEE802.11bを同時に利用できるほか、アクセスコントロールリスト(MACアドレスによるアクセス制限)や128bitのWEPに加え、新セキュリティー規格“IEEE802.1x”によるユーザー認証プロトコル(EAP:Extensible Authentication Protocol)に対応したのが特徴。管理機能として、ウェブベースの管理ツールを搭載するほか、SNMP v2にも対応する。最大128ユーザー(802.11a/802.11b各64ユーザー)をサポート。有線LANポートは10/100BASE-TX×1。電源はACアダプターを利用し、オプションでEthernet給電(IEEE802.3af)にも対応する。本体サイズは幅142×奥行き84×高さ218mm、重量は765g。

『インテル PRO/Wireless 5000 LAN 11b オプション・キット』は、2001年11月に発表したIEEE802.11a規格対応の『インテル PRO/Wireless 5000 LAN アクセス・ポイント』に装着することで、IEEE802.11bも同時に利用できるようにするオプション。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン