このページの本文へ

NTTドコモ、iモード対応携帯電話の新機種『ムーバ SO504i』を発売

2002年05月31日 20時27分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモは31日、iモード対応携帯電話機の新製品として『ムーバ SO504i』を6月3日に発売すると発表した。価格はオープン。電池パック/ACアダプター/卓上ホルダーの標準セットは7900円。

『ムーバ SO504i』『ムーバ SO504i』(マットブラック)

『ムーバ SO504i』は、約2インチの6万5536色表示のカラーTFT液晶ディスプレーを搭載する折り畳み式のiモード対応携帯電話機。他人が勝手にメール操作を行なえないようにするメールセキュリティー機能を搭載するほか、3Dポリゴンエンジンをソフトウェアで実装したのが特徴で、外部インターフェースとして赤外線通信ポートも装備する。文字入力の際に、入力したい文字列の一部を入力すれば変換候補を予測してリスト表示する予測変換機能“POBox”(Predictive Operation Based On eXample)を搭載する。40和音着信音や音声着信音にも対応。連続通話時間は約130分。待ち受け時間は約320時間。最大データ通信速度は受信時が28.8kbps、送信時が9600bps。本体サイズは幅46×奥行き29×高さ96mm、重量は約120g。本体カラーには“マットブラック”、“ビクトリアンホワイト”、“バーガンディーレッド”の3種類が用意される。製造はソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(株)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン