このページの本文へ

ランドポート、3次元音響対応の波形編集ソフト『3D Sound Pro』を発売

2002年05月10日 19時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ランドポート(株)は10日、3次元音響に対応した波形編集ソフト『3D Sound Pro』を6月14日に発売すると発表した。価格は7800円。開発は韓国のEmersys社。

パッケージ『3D Sound Pro』

『3D Sound Pro(スリーディーサウンドプロ)』は、3次元の音響効果をかけることができる波形編集ソフト。基本的な波形編集機能のほか、上空を飛ぶジェット機の爆音や、トンネル内で足音が響くといったエフェクトを、音源の位置を3次元空間内にポイントで指定することで利用できるのが特徴。部屋の大きさ、音の吸収のされやすさ、観客の入り具合を指定すれば、各種の施設などにおける音響効果のシミュレーションも行なえる。また、ハウリングを除去できるヘッドホン出力モード/スピーカー出力モードも搭載する。

画面1
ポイントを指定して3次元音響の効果をほどこすことができる(画面は英語版のもの)

編集には非破壊編集方式を採用しているため、編集やエフェクトを後で変更することもできる。プラグインは、“DMO(DirectX Media Object)”に対応しており、標準で、コーラス、フランジャー、コンプレッサー、ディストーション、リバーブなどのエフェクトが付属する。入出力は、WAVE、MP3、CD-DAに対応し、サンプリング周波数は8k~48kHzで16bit/8bitに対応する。ステレオ/モノラルで同時に8トラックの編集が可能。対応OSは、Windows 98/Me/2000/XP。

画面2
メイン画面(画面は英語版のもの)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン