このページの本文へ

パイオニア、衛星画像の有料配信サービス“skywalk”を開始

2002年04月23日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パイオニア(株)は23日、地図情報サイト“ナビッピ ドットコム”において、衛星画像の会員向け有料インターネット配信サービス“skywalk(スカイウォーク)”の提供を開始したと発表した。

衛星による画像
衛星による画像

提供するのは、米スペースイメージング社の商用衛星『IKONOS(イコノス)』が撮影した解像度が1mのデジタル衛星画像で、自動車や家屋まで識別できるのが特徴。提供するエリアは、当初、東京23区、横浜市、川崎市、浦安市、大阪市の約1500km2で、順次拡大する予定。縮尺は、320万分の1から1562分の1まで。東京タワーや東京ディズニーランドなどの特定のランドマークをクリックすることでそこに表示場所を移動できる“ランドマークパネル”なども利用できる。利用料金は、1ログインあたり200円で、ナビッピ ドットコム使用料(月額200円から)も必要。1ログイン中は、好きな場所を、好きな縮尺で、何回でも閲覧できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン