このページの本文へ

NEC、ADSLモデムを内蔵した無線LAN対応ブロードバンドルーターに新機種を発表

2002年04月08日 11時59分更新

文● 編集部 佐々木千之

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)(NECソリューションズ)とNECアクセステクニカ(株)は8日、ADSLモデムを内蔵した無線LAN対応のブロードバンドルーター『WARPSTER⊿(ワープスターデルタ)』シリーズの新モデルとして、イー・アクセス(株)の8MbpsADSLサービスに対応した『AtermWDR85FH/CE』1機種3モデルを発表、販売を開始した。出荷は4月下旬の予定。

WARPSTER⊿シリーズはルーター本体にPCカードスロット1基を備え、PCカードタイプの無線LANカードを挿入することで無線LANに対応する仕組み。ルーター本体のみの『AtermWDR85FH/CE』、無線LANカード1枚を添付した『AtermWDR85FH/CE ワイヤレスLANベース』、無線LANカード2枚を添付した『AtermWDR85FH/CE ワイヤレスLANセット』の3モデルを用意する。価格はオープンだが、編集部による予想価格はAtermWDR85FH/CEが3万円前後、AtermWDR85FH/CE ワイヤレスLANベースが4万円前後、AtermWDR85FH/CE ワイヤレスLANセットが4万8000円前後。

『AtermWDR85FH/CE』と、無線LANカード『AtermWL11CA』
『AtermWDR85FH/CE』と、無線LANカード『AtermWL11CA』

AtermWDR85FH/CEは、米センティリアム・コミュニケーションズ社製ADSLモデムチップを使ったAnnex C準拠の8Mbps(G.dmt)と1.5Mbps(G.lite)対応ADSLモデムを内蔵した。NEC/NECアクセステクニカでは、1月に米GlobeSpan Virata社製ADSLモデムチップを使った8M/1.5Mbps対応ADSLモデムを内蔵する『AtermWDR85FH/GS』も発表している(モデムチップ以外は同仕様)。AtermWDR85FH/CEもAtermWDR85FH/GSも、Annex C準拠の8Mbps(G.dmt)と1.5Mbps(G.lite)に対応しているが、実際には同じ規格であっても、通信事業者が局側で使用している機材(DSLAM:DSLアクセス多重化装置)に合わせたADSLモデムを使用する必要がある。

AtermWDR85FH/GSが(株)アッカ・ネットワークスの推奨ADSLモデム(8Mbps/1.5Mbps)の認定を受けているのに対して、AtermWDR85FH/CEではイー・アクセスの8Mbps/1.5MbpsADSLサービスに対応する“eAccess認定”ロゴを取得したという。各通信事業者の認定情報については、AtermStationで提供するとしている。

AtermWDR85FH/CEのADSLモデム以外のインターフェースでは、WAN側に10/100BASE-TX×1、LAN側には10/100BASE-TX×4のスイッチングHubとUSBポート×1を備え、無線LANカード装着時はIEEE 802.11bに対応する。実使用環境での測定値として、スループットは15Mbpsを記録したとしている。PPPoA/PPPoEに対応し、DHCPサーバー/クライアント、DNSフォワーディング、IPパケットフィルタリング、アドバンストNAT(IPマスカレード機能)のほか、複数のパソコンからブロードバンド接続やダイヤルアップ接続を使い分ける“マルチライン”、利用するアプリケーションごとにTCP/UDPポートを設定できる“アプリケーションプロファイリング”などの機能を利用できる。

本体サイズは幅25×奥行き157×高さ215mm、重さは約650g。電源はAC100Vで消費電力は最大約13W。本体にはワンタッチで接続を切断する“切断ボタン”を搭載する。製品パッケージには接続/切断をコントロールする『アクセスマネージャ』、利用環境に応じたガイダンスを行なうユーティリティー『らくらくアシスタント』、ウイルス検出ソフト『ウイルス警備隊V3(試用版)』が付属する。各種のルーター設定はアクセスマネージャのほか、ウェブブラウザーでも可能。

なお、LAN側にWindows XPパソコンを接続した場合には、ルーター機能を停止し、Windows XPパソコンがPPPoE接続機能を使い、(ADSLモデム経由で)直接インターネットに接続する“PPPoEブリッジ”動作が可能。ただし、PPPoEブリッジ動作時は通信できるパソコンは1台のみとなる。

4月下旬以降には、UPnP(ユニバーサルプラグアンドプレー)に対応したファームウェアをAtermStationで提供予定。このファームウェアを適用すると、LAN側のパソコンから特別な設定なしに、Windows XPのWindows MessengerなどUPnP対応アプリケーションを使ってビデオや音声によるチャットが可能。UPnP対応ファームウェアは、AtermWDR85、AtermWBR75の各機種向けに提供予定としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン