このページの本文へ

Windows XPのみ対応!潔い(?)仕様のMSI製nForce 415Dマザー

2002年03月29日 20時27分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
シール
パッケージに貼られたシール。Windows XPへの最適化をうたっている

 「Windows XP環境で最高の性能を発揮するよう調整しておりますので、他のOSでの動作保証は致しかねます」と、Windows XPのみの対応をうたう“nForce 415D”搭載マザーボード「K7N415 Pro」がMSIから登場した。パッケージ上には「Windows XPに最適化したMSIの自信作!」というポップも躍っている。ただし、実際にどのようなチューンが行われたのかは現在のところエム・エス・アイ・コンピュータ・ジャパンにも情報がないため不明だ。nForceシリーズは現在のところWindows 98に対応したドライバのインストーラが用意されておらず、標準ではWindows Me/2000/XPのみの対応。しかも、Windows Meでは安定して動作しない場合があるだけに、“Windows XPのみの対応”へと踏み切った背景にはこのようなトラブルを避けようという動きがあるのかもしれない。



K7N415 Pro

 ボードのレイアウトは同社製nForce 420Dマザーボード「K7N420 Pro」と「まったく同じ」(エム・エス・アイ・コンピュータ・ジャパン)。基本的にはNorth Bridgeにあたる“IGP”(Integrated Graphics Processor)がビデオコアを内蔵しない“SPP”(System Platform Processor)へ換装されただけと判断していいだろう。SPPとSouth BridgeにあたるMCP-Dが800MB/秒の広帯域で結ばれる点や、本来64bitアクセスであるDIMMスロット3本のうち2本に128bitでアクセスし、C2100 DDR SDRAM使用時に4.2GB/秒のメモリ帯域を確保する“TwinBankアーキテクチャ”にも変化はない。もちろん、AGP×1、PCI×5、CNR×1という拡張スロット構成もこれまでどおり。オーバークロック設定はエム・エス・アイ・コンピュータ・ジャパンによると「おそらくK7N420 Proと同じ」で、だとすれば100~157MHzの範囲を11通りに設定できることになる。



比較 インターフェイス
「K7N420 Pro」(右)との比較。そっくりD-Sub15ピンが省かれているオンボードインターフェイス。ちなみに、シリアル端子ブラケットを同梱する
同軸デジタル端子ブラケット D-Bracket
MCP-Dを利用してドルビーデジタルAC-3ストリームをデジタル出力するための同軸デジタル端子ブラケットは今回も同梱オンボードのほか、D-BracketとUSBブラケットに搭載するUSB端子により合計6ポート用意する点も変わらない
販売中

 実売価格は1万6700円~1万8800円。新しく作るPCでWindows XPの利用を決定していて、ボードのパフォーマンスにこだわるならば有力な選択肢となるだろう。


29日現在の価格情報
価格ショップ
\16,700コムサテライト3号店
\16,979TSUKUMO eX.
\17,500高速電脳
コムサテライト2号店
\18,800OVERTOP
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ