このページの本文へ

マイクロソフト、ブロードバンド対応のファンタジーRPG『Microsoft Dungeon Siege』日本語版を発売

2002年03月28日 23時34分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は28日、ブロードバンドに対応したパソコン用ロールプレイングゲーム『Microsoft Dungeon Siege(マイクロソフト ダンジョン シージ)』日本語版を5月17日に発売すると発表した。価格は9800円。

画面
『Microsoft Dungeon Siege』

『Microsoft Dungeon Siege』は、中世のヨーロッパを舞台としたファンタジーロールプレイングゲーム(RPG)。フル3Dの画像とシームレスな映像が特徴で、操作もマウスでほぼすべて行なえるという。また、インターネットを利用して同社が提供する無料のマッチメイキングサービス“ZoneMatch”を利用して対戦相手を探し、複数のプレイヤーでネットワーク対戦することも可能。マルチプレイヤー専用のマップも用意する。対応OSは、Windows 98/Me/2000 Professional/XP。

製品パッケージ『Microsoft Dungeon Siege』

同社は発売に合わせて、発売日前日の5月16日まで、オンライン予約キャンペーン“~誰も訪れたことのない世界の謎に挑む冒険者よ、パワーアップ グッズを手に入れよう!~”を実施する。これは、期間中に予約し、エントリー登録を行なったユーザーに各種グッズや非売品のオリジナルグッズを抽選でプレゼントするというもの。台湾のリードテック・リサーチ(Leadtek Research)社製のGeForce4搭載グラフィックスカード『WinFast A250 TD』(5名)や、オリジナルの革製ダンジョンシージ マップ&ラバフィギュアセット(50名)ほか。

公式サイト(英語版)
『Microsoft Dungeon Siege』公式ウェブサイト(英語版)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン