このページの本文へ

日本テレコム、“ODN IPv6トンネリング”の商用サービスを開始

2002年03月28日 16時50分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本テレコム(株)は28日、“ODN IPv6トンネリング”の商用サービスを4月1日に開始すると発表した。これに伴い、提供中のトライアルサービス“IPv6ビジネストライアル”の提供を終了する。

“ODN IPv6トンネリング”は、IPv6パケットをIPv4パケットにカプセリングして、既存のIPv4ネットワークで利用できるようにする接続サービス。提供するのは“/48”のIPv6アドレス空間(280個に相当)で、対象となるODNのサービスは、ファスト/スーパー/スーパービジネス/ビジネスセレクト/エコノミー/エアリンク/J-DSLオフィス/オールウェイズ・プラス。提供エリアは、対象となるサービスの提供エリア。

料金は 契約中のサービスに追加料金を支払う形となり、“オールウェイズ・プラス”では月額2500円、“J-DSLオフィス”では月額5000円の追加などとなる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン