このページの本文へ

パームコンピューティング、バックライト付きカラー液晶搭載の『Palm m130 ハンドヘルド』を発売

2002年03月27日 20時50分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パームコンピューティング(株)は27日、バックライト付きのカラー液晶ディスプレーを搭載したPalm OS搭載PDAの新製品として、『Palm m130 ハンドヘルド日本語版』を4月下旬に発売すると発表した。

『Palm m130 ハンドヘルド』『Palm m130 ハンドヘルド』(写真は英語版)

『Palm m130 ハンドヘルド日本語版』は、2000年8月に発表した『Palm m100』の筐体のデザインを継承したカラーモデル。6万5000色表示に対応したバックライト付きの160×160ドット液晶ディスプレーを搭載するのが特徴。CPUは米モトローラ社のDragonBall VZ-33MHz、メモリーは8MBを搭載する。電源はリチウムイオンバッテリーを内蔵。インターフェースはシリアル、USB、SDカード/MMCスロット、赤外線を装備する。本体サイズは、幅78×奥行き122×高さ22mm、重量は153.1gと、m100より奥行きと高さが4mmずつ大きくなり、16g程度重くなった。製品にはUSB接続のクレードルが付属する。

OSは、Palm OS 4.1 日本語版で、従来機種と同様にアドレス帳やスケジュールを始めとするPIMソフトや辞書などを搭載。アプリケーションとして、WordとExcelのファイル作成や表示PowerPointのスライドの閲覧ができる米パーム社と米DataViz社が開発した統合ソフト『Documents To Go』や、静止画/動画用ビューワー『PhotoSuite Mobile Edition』、日本語入力ソフト『極楽ひら』などを同梱する。

なお、米パーム社のオンライン販売では279ドル(約3万7000円)で販売されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン