このページの本文へ

日本ポラデジタル、Mac OS Xに対応した統合グラフィックスソフト『CANVAS 8J Macintosh』を発売

2002年03月15日 17時36分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ポラデジタル(株)は15日、Mac OS Xに対応した統合グラフィックスソフト『CANVAS 8J Macintosh』の販売を29日に開始すると発表した。価格は6万8800円。

『CANVAS 8J Macintosh』
『CANVAS 8J Macintosh』

『CANVAS 8J Macintosh』は、ベクトルグラフィックス(ドロー)をメインとした統合型のグラフィックスツールで、ビットマップグラフィックスの編集やフィルターなどによる各種の画像処理、ページレイアウト、ウェブイメージの作成、プレゼンテーションなどが行なえる。ビットマップだけでなく、ドローツールで作成した画像に対しても特殊効果のフィルターを適用できるのが特徴。

画面イメージ
画面イメージ

新機能として、操作を自動化して作業の効率化を図れる“シーケンス機能”や、スクリプト言語(Apple Script)を利用する“スクリプティング機能”のほか、イメージを分割してウェブ用に切り出す“スライス機能”、Flash形式(SWF)での書き出しなどをサポートする。対応OSはMac OS 10.1以降、Mac OS 9.04以降。Mac OS XのClassic環境でも利用できる。

価格は、『CANVAS 8J Macintosh』シングル版が6万8800円、アカデミック版と乗換版が3万6900円、ver.7以降からのアップグレードが1万6900円、ver.6以前からのアップグレードが2万4900円。6月16日以降はアップグレードは2万7900円になる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン