このページの本文へ

デュアルDVI出力を装備する真っ赤なGeForce4 Ti4600カードはいきなり4万円台!!

2002年03月14日 22時10分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パッケージ

 新製品の登場ごとに大きく下がるGeForce4 Tiシリーズの販売価格だが、LeadtekSparkleに続いて登場したGainward製のGeForce4 Ti4600カードには、なんといきなり4万円台の価格を付けるショップが現れた。「GeForce4 PowerPack! Ultra/750XP Golden Sample」と名付けられたカードをごく少数を入荷して販売開始しているのはクレバリー1号店とT-ZONE.PC DIY SHOPで、価格はクレバリー1号店で驚きの4万9990円、そしてT-ZONE.PC DIY SHOPでは5万4800円。


製品名は“Ultra/750XP”なのだが、なぜかパッケージにはGeForce4 Ti4400カードの製品名である“Ultra/700XP”のシールが貼られているので注意したい。もちろん搭載するチップはGeForce4 Ti4600で、Nvidiaによるロゴマークも刻まれている
Ultra/700XPGeForce4 Ti4600
GeForce4 PowerPack! Ultra/750XP Golden Sample

 価格だけでなく、外観もなかなか印象的だ。赤い基板と、Nvidiaのリファレンスによく似ているワインレッドのチップクーラーによる赤さもさることながら、インターフェイスがDVI×2とビデオ入出力という構成はひときわ目を引く。インターフェイスがデュアルDVIでD-Sub15ピンを用意せず、しかもビデオの入出力にも対応するという思い切った仕様のGeForceファミリのビデオカードは過去に例がなく(先日エルザジャパンが発表しているが、製品として登場したのは今回がはじめて)、そのインパクトはかなり大きい。DVI→D-Sub変換コネクタを2つ同梱するためアナログモニタにも出力できるが、やはりDVI液晶モニタとセットで使いたいところだ。カード上にはSilicon Image製のDVIコントローラが2つ並んでいる。



DVIコントローラ DVI→D-Sub15ピン変換コネクタ
カード上に2つ搭載するDVIコントローラ。それに挟まれるような格好でPhilips製のビデオエンコーダ“SAA7108E”も配されている同梱するDVI→D-Sub15ピン変換コネクタ。これでアナログ×2の出力も可能だ
同梱ソフト

 このほかPhilips製“SAA7108E”によるビデオ入力を有効に使用するため、ビデオ編集ソフトを同梱するのも他社製とは一線を画す部分だ。InterVideo製のMPEG1/2編集ソフト「WinProducer」とソフトMPEG1/2エンコーダ「WinCoder」を同梱しているのは見逃せないだろう。このほか同梱ソフトはソフトDVDプレーヤ「WinDVD」と3Dシューティングゲーム「Serious Sam」。



裏面 微妙なズレ
カード裏面。よく見てみると、メモリ用ヒートシンクが少しズレている。こういうアバウトさが安さの秘密?!

 価格が極めて安価なうえ、他社製品にはない特徴を持つ異色のGeForce4 Ti4600カードでもあるため、注目を集めるのは間違いないだろう。しばらくは入手が困難だと思われるが、複数ショップからの情報によると、今後Gainward製ビデオカードはアスクの“ASKセレクト”ブランドで販売されるようで、ASKセレクトブランドを生かしての流通量拡大を期待したい。



同時に再入荷のGainward製GeForce4 MX440カードはさっそくASKセレクトの箱入りに

新パッケージ
新パッケージ

 なお、GeForce4 Ti4600カードと同時に再入荷してきたGainward製GeForce4 MX440カードはさっそくASKセレクトの箱入りとなった。シンプルさが印象的な新パッケージにはGainwardのロゴ、そしてGainward製品専用のシリーズ名と思われる“ASK SELECT G-SERIES”の文字が刻まれている一方でこれまでの面影はほとんどない。今後Gainward製品は順次このパッケージに切り替わっていくと思われ、“いかにも外国産”という雰囲気のパッケージはまたひとつアキバから姿を消すことになるようだ。価格はクレバリー1号店で1万5800円、コムサテライト3号店で1万5980円、TWOTOP 1号店で1万6500円。


パッケージは大きく様変わりしたが、ファンレスのカードや同梱品などは従来そのまま。パッケージを入れ替えただけと判断して良さそうだ
G-SERIESカード同梱品
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ