このページの本文へ

価格的にはこちらが本命!? GeForce4 Ti4400搭載カードが店頭に並ぶ

2002年03月12日 19時37分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
価格ポップ

 最上位モデル“GeForce4 Ti4600”搭載カードがごく少量出回ってから4日。“NV25”コア“GeForce4 Ti”シリーズ2製品のもう片方、“GeForce4 Ti4400”を搭載するビデオカードがアキバに登場した。12日から店頭に並んでいるのは「WinFast A250 TD」で、GeForce4 Ti4600に続いて今回もLeadtek(Leadtek Research)製品がアキバ登場第1弾となっている。Leadtekによる製品名からもわかるように、GeForce4 Ti4400は最上位モデルのGeForce4 Ti4600に対して“標準モデル”といった位置づけのGPU(ビデオチップ)。コアクロックは275MHz、メモリクロックは275MHz(DDR 550MHz)で、それぞれ300/330MHzのGeForce4 Ti4600に比べると若干低めに設定されている。なお、GeForce4 Tiシリーズについての詳細はこちらを参照のこと。



WinFast A250 TD
「WinFast A250 TD」。ファンの保護フレームが青く見えるのはシートを被っているため

 カードのデザインは先に登場したGeForce4 Ti4600カードそっくり。巨大なチップクーラー「BiTurbo Cooling System」を搭載している点をはじめ、基板のレイアウトもまったく同じで、ブラケットが金メッキされているかどうかでしか見分けられないほどだ。


カード裏面、そしてパッケージもGeForce4 Ti4600カード「WinFast A250 Ultra TD」そっくり。“Ultra”の文字がないのと、パッケージ表面右下にある“GeForce4 Ti4400”のロゴマークで判断するしかない
裏面パッケージTi4400ロゴ

 ただ、外観こそよく似ている2製品だが、流通量は決定的に異なるようだ。複数ショップによると、WinFast A250 TDについては問題なく出荷される一方で、WinFast A250 Ultra TDの出荷数はあまり芳しくないもよう。どうやらこれはかねてよりチップ、そして搭載カードについて歩留まりの悪さが指摘されているGeForce4 Ti4600に問題があるようで、そうだとすれば、Leadtekに限った話ではないことになる。WinFast A250 TDの実売価格が4万5800円~4万6800円と、WinFast A250 Ultra TDに比べて約1万5000円程度安価なことを考えると、下位モデルにあたるGeForce4 Ti4400カードの方が、流通量とコストパフォーマンスから“現実的なGeForce4 Tiシリーズの選択肢”として主流になるかもしれない。

販売中

 現在のところ在庫量は少量だが、すぐに潤沢となる予定。このほか複数ショップによると、Abit製のGeForce4 Ti4400が明日13日に販売開始となるようだ。なお、気になるGeForce4 Ti4600カードだが、12日の段階でごく少量の再入荷を確認できた。


12日現在の価格情報
価格ショップ
WinFast A250 TD
\45,800OVERTOP
クレバリー1号店
T-ZONE.PC DIY SHOP
WonderCity
\46,800高速電脳(完売)
コムサテライト1号店
コムサテライト3号店(完売)
WinFast A250 Ultra TD
\61,800クレバリー1号店(在庫1)
\62,800高速電脳(再入荷も完売)
\64,800T-ZONE.PC DIY SHOP(在庫1)
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ